MacBook Pro (Air)用フリップ型PCスタンド Kickflip




MacBook ProやMacBook AirにぴったりなPCスタンド「Kickflip」を装着します。
少しだけ傾斜をつけるだけで手首が楽になります。
MacBookの背面にくっつけるだけの簡単装着です。

 

 

MacBook Pro(Air)用フリップスタンド Kickflip の特徴

 

超薄型のフリップタイプのPCスタンドです。
他のPCスタンドのように毎回組み立てつ必要も、かさばることもなくスッキリ収納可能。

 

 

商品パッケージにはMacBook Airにも対応と書いてあります。
MacBook Pro、MacBook Air 13インチに双方に装着した感想をご紹介します。

Kickflipの特徴
  • MacBook Pro背面にスペースを作って熱を逃がすエアスペーサー
  • 取り付け&取り外し簡単な吸着素材
  • 取り外しても接着痕を残さない
  • ガラス強化素材の蝶番で安心の耐久性
  • MacBook Pro(Air) 13インチ/15インチ対応

引用:trinity

 

MacBook ProにKickflipを取り付け

商品のジェル上についているフィルムをペリペリペリと剥がします。
左右のバランスを確認してMacBookの底版に貼り付けます。

MacBook Proに貼り付けて見ました。

左右バランスよく貼るのはユーザ次第となります。
貼り直しはできますのでゆっくり慎重に貼り付けてください。

パカっと開くだけで、スタンドになるので邪魔にならない素敵なすたんどですね。

高くなりすぎず、ほどよく視線があがるので姿勢がよくなり首や腰の負担も軽減できます。

MacBook AirにKickflipを取り付け

ブラックカーボンのフィルムを張っているので目立たなくてよいですね。

取り付けた感じは、さほど違和感なく付いています。
これくらいなら全く邪魔になりません。

MacBook ProよりもMacBook Air13インチの方が幅が広いので左右バランスよく貼り付けるのがちょっとむずかしい感じでした。

Kickflipの傾斜具合

MacBook Air 13インチとても薄く、フラットなデザインとなっています。

Kickflip装着後。
ほどよい傾斜となっています。
ほどよいのは、MacBookの薄さだからこそかもしれません。

分厚いノートパソコンだと厚みのせいで傾斜がややきつめになったかも。

手首が無理しなくていい傾斜がついていますね。

 

背面から見ても目立ちません。

 

 

Kickflipの安定感

キーボード部分は少々あらくタイピングしてもぐらつくことはありません。

 

画面側の端っこをぐりぐりしないかぎりはぐらつくことはなく、バランスはよいですね。

Kickflipのメリット・デメリット

 

Kickflipのメリット

メリットはなんといっても、超薄型の装着式であるため持ち運び時にかさばらないことです。
また、ほどよい傾斜がつくことで手首も首も疲れにくく肩こり防止になります。
常にMacBookを持ち歩く方には必須といえそうなアイテムです。

Kickflipのデメリット

あえてデメリットをあげるとすれば値段でしょうか。
だいたい3千円前後が価格相場のようです。

簡易的なPCスタンドであればもっと安価なものがあります。

しかし、数千円でこんなにスマートなPCスタンドであれば買う価値あり!

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください