Mac標準 Maile Dropで大容量ファイルを送るおすすめ方法

Macで動画ファイルや多くの写真データを圧縮した大容量のファイルやデータを知人に送る方法を紹介します。

 

無料!Mac標準のメール機能 『Mail Drop』を使う

 

『Mail Drop』はMacに標準の「メール」アプリの機能です。

iCloudを利用しているのであれば

macOSの環境からそのまま1度に5GBまでの大きなファイルを送信することができます。

ファイルはiCloudに保存され、

受信側はメールに記載されているリンクからダウンロードできるので非常に便利です。

Mail Drop設定方法
  1. メールの環境設定をひらく
  2. アカウントタブの「詳細」を開く
  3. 「大きい添付ファイルをMail Dropで送信」をチェック

 

金額無料
最大総容量無制限
1ファイルあたりの最大容量5GB
最大保存期間30日間

 

iCloudのメールアドレスやGmailに対応。

別のWebメールをお使いの方は下の宅ふぁいる便がいいかも。

 

無料!宅ふぁいる便  プレミアム

 

 

宅ふぁいる便は、メールの添付ファイルでは扱いにくい大型のファイル(最大300MB)を簡単に送ったり、受け取ったりできる無料のサービスです。

大阪ガス社員用サービスとしてスタートしたこの宅ふぁいる便はあまりの便利さに1999年に一般向けに開放、現在は株式会社オージス総研が運用されています。

iCloudが登場するまではとてもお世話になりました。

いまでも300MB以下であればよく使わせていただいています。

 

容量が会うのであれば一番簡単かな。

1ファイルあたりの最大容量が300MBとMail Dropに比べると小さいですが、有料サービスもあります

金額無料
最大総容量無制限
1ファイルあたりの最大容量300MB
最大保存期間72時間

 

 

 

Mac標準アプリはとても便利

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!