低コストなWordPress運用ならwpXクラウドがお得

wpXクラウド」は月額500円からはじめられるWordPress環境サーバーサービスです。

当サイトはwpXレンタルサーバーを利用しておりますが、それは複数のWebサイトを扱っているからであり、

1サイトの運用であれば「wpXクラウド」が断然お得です。

 

 

他のレンタルサーバーからwpXへの移行手順を紹介しています。

 

wpXクラウドをおすすめしたい人

wpXクラウドは安価で柔軟な対応が効くサービスです。

こんな方におすすめ

wpXクラウドをおすすめしたい人
  • 1サイトで十分!まずは低コストではじめたい方
  • WordPressをらくちんに設置したい方
  • お試しで高性能なWordPressサーバーを利用したい方
  • 追加で安価にWordPressサイトを立ち上げたい方
  • 既存のサイトやメール機能をそのまま継続利用したい方

 

サイト構築に不安がある方も2週間のお試し期間があるので安心して利用ができます。

その後も月額500円なのでランニングコストを安価にすすめられますね。

 

 

wpXクラウド 柔軟な7段階のグレード

wpXクラウドはサイトの成長に合わせて契約プランを変更することが可能です。

WordPress初心者の方におすすめはグレードA

月間30万PVまでのサイトであれば十分な環境を整えることが可能です。

グレードAの特徴
目安のPV30万PV/月まで
初期費用無料
月額500円
ディスク容量10GB
データベース容量500MB
SSL化独自SSLは無料

 

 

wpXクラウド WordPressをかんたん設置

wpXクラウドのWordPress設置は誰でも簡単にインストールが短時間で、

かんたんにサイト開設を行うことが出来ます!

必要となるドメインもwpXの管理画面から連動して取得ができるため他サービスのように

複数のサービスをまたいで管理する必要がありません。

 

初期セットアップがかんたんに済めば、あとはあなたがサイトにコンテンツを作成していくだけです。

 

 

 

wpXクラウド 独自SSLが無料

Google のWebブラウザ「Chrome」は常時SSL(http接続のままのサイト)について警告を出すようになりました。

セキュリティ意識の低いサイトは訪問者からの信頼を失う可能性もあります。

wpXクラウドではSSL対応を無料で設定することができます。

SSL証明書は設定後、即時発行され、

期限前の自動更新により、証明書の期限切れを防ぐことができるので

設定さえしておけばらくちんです。

 

 

wpXクラウド 驚く速さのクラウドサービス

wpXクラウドは、SSD多重高速化と高速webサーバ「Nginx」などによりWordPressが快適に動作するようになっています。

2018年 Googleは「スピードアップデート(Speed Update)」と言われる仕様変更を実施しました。

Googleはサイトスピードを重視すると宣言しているということです。

サイトスピードが速いほうが検索順位で露出しやすくなり、

スピードが遅ければそれなりの評価を受けてしまうということです。

 

WordPress運用に特化した圧倒的な高速性能

wpXクラウドでは、リバースプロキシによるキャッシュ処理を始め、

  • 高速Webサーバ「Nginx」
  • 次世代通信プロトコル「HTTP/2」

など豊富なWordPress運用実績に基づいた様々な高速化技術を導入しており、

  • 最新高性能サーバー
  • 総計942Gbpsバックボーン(2018年6月現在)
  • SSDストライピング構成によるディスクI/O速度の高速化

など、WordPressが常に軽快に動作する環境をご利用頂けます。

引用:公式サイト

 

 

wpXクラウドはWordPress設置数はひとつだけ

冒頭でwpXクラウドは1サイト向けと伝えた通り、

WordPressを設置できる数はひとつだけになります。

1サイトで無駄のない運用を行うことに特化したサービスともいえるでしょう。

 

複数のサイトを持ちたい場合は、「wpXレンタルサーバー」を利用することをお勧めします。

クラウドからレンタルサーバーへ契約を移行することはできませんので、

新たにレンタルサービスを契約して、WordPressデータを移設する必要があります。

 

 

wpXクラウドおすすめまとめ

WordPressをもちいたサイト作成をするうえで、1契約1サイトで運営するのであれば、

セキュリティ(SSL)、サイトバックアップ、かんたんセットアップ、安価な月額。

多くの面であなたのサイト運用をカバーしてくれる「wpXクラウド」がおすすめです。

wpXクラウドでサイト作成に慣れてきたら、

レンタルサーバーを契約してサイト数を増やしていくか、

もしくはwpXクラウドをもう一つ契約して1契約1サイトのセットをふやしていくのも賢い運用だとおもいますよ。

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!