MacやiPadにSatechi アルミニウム Bluetooth キーボード | 最大4つのデバイスに接続

 

最大4つまで接続を切り替えてつかえるSatechiのBluetoothキーボードを紹介します!

 

Satechi Bluetooth スリム キーボードの特徴
  • MacにもiPadにも接続可能 
  • テンキー付きフルキーボードを10Mのワイヤレス範囲のBluetooth接続で増設
  • USB-Cポート経由でキーボードをクイック充電
  • 最大4台のBluetoothデバイスを簡単に接続、ボタン一つで切替

 

 

Satechi Bluetooth スリム キーボード をMacに接続する

 

電源をONにします。

そしてMac側のBluetooth設定画面を開きます。

接続をクリック!

 

するとペアリングパスワードのコード入力をもとめられるので入力します。

 

 

接続設定はこれでOKです。

 

 

 

Satechi Bluetooth スリム キーボード Magic Keyboardと比べてみた

Satechi Bluetooth スリム キーボードはMagic Keyboardのデザインに非常によく似ています。

高さも大きさも同じくらい。

テンキーが付いている分、横に少し長いくらいであとは違和感なく利用できますね。

 

 

 

 

Satechi Bluetooth スリム キーボード さまざまなiOS機器にも

 

Satechi Bluetooth スリム キーボードはMacだけでなく、iPadやiPhoneなどiOS製品にも接続可能です。

ボタンで切り替え可能なので便利ですね。

 

対応機器
  • iMac Pro,
  • iMac
  • MacBook Pro/Air,
  • MacBook,
  • iPhone XS Max/XS/XR/X
  • iPhone 8 Plus, 8
  • iPad Pro, iPad Mini

 

iPad Air2に接続してみました。

メモアプリで試し打ちです。iPadで打つよりは断然使いやすい。

しかし、iOS端末にはテンキーはいらないかなぁと思ってしまいました。

見た目的な話ですが、iOS端末に対してキーボードが大きいとなんか変ですね。

 

スペースグレーもありますよ!

Satechi Bluetooth スリム キーボード USキーボード配列

ちょっと通な人には大人気のUS配列キーボードになっています。

JIS配列に慣れている人はちょっと慣れるのに時間がかかるかもしれませんね。

日本語切り替えの方法を覚えておきましょう。

Mac USキーボードの標準の日本語切り替え方法

まずは標準の切替え方法を紹介

macOSのUSキーボード入力切り替えは、

[control] + [スペース]

にて行います。

JISキーボードに慣れていると、ちょっとめんどくさいショートカットキーですよね。

 

 

US配列キーボードでも「かな」「英字」を簡単に切り替えられるようにできる裏技はこちら

 

 

合わせて買いたいiMac専用USB-Cクランプハブ

iMacにぴったりなUSB-Cハブがあります。

iMacユーザーのかたに是非オススメしたい。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!