Mac Homebrew でインストールしたものを削除する

HomeBrewでさまざまなソフトをインストールする方も多いと思います。

MacはただかっこいいだけのPCではありません。

プログラミングもプログラムの動作環境としても優秀ですよね。

そして、たくさんのプログラムをいれたあとに、忘れてしまうこともしばしば。

この記事ではHomeBrewでインストールしたソフトのアンインストールと、

Homebrew自身のアンインストール方法を紹介します。

 

Homebrewでインストールしたものを一覧表示する

コマンドは簡単です。

ターミナルで以下のコマンドを打ちましょう。

brew list

 

これでインストールしたものが一覧表示されるはずです。

 

Homebrewでインストールしたもの削除する

さきほどでてきた一覧の名称をつかって

こちらのコマンドで削除します。

brew uninstall ○○

 

MacでHomebrew自体のアンインストール

コマンドはこちら

ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/uninstall)”

 

 

これでスッキリしましたね。

さようならHomebrew!また会う日まで!

 

Homebrewと再会(再インストール)するには

インストールコマンドも置いておきますね。

ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”

 

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!