Anker PowerCore 10000 PD おすすめモバイルバッテリー




Anker の10,000mAhでは最小クラスのモバイルバッテリー
Anker PowerCore 10000 PDを紹介します。
モバイルバッテリーって便利なんですが、かさ張るんですよね。

PD(パワーデリバリー)対応なので、iPhoneだけでなくMacBook Proも充電が可能です。
出先はこれがあればいい。

\おすすめモバイルバッテリー/

10,000mAhという大容量

本体とポーチ、Type-Cケーブルという構成になっています。
Ankerさんは商品のケースやポーチをつけてくれるので大変助かりますね。

商品説明によると、
ほとんどのスマホがフル充電で2回
タブレットなら1回可能。
MacBook Proはさすがにフルとはいえませんがいざというときの延命としては十分な性能。

USB PD対応のUSB Type-Cポート (最⼤18W⼊出⼒)
Anker
独⾃技術PowerIQ搭載のUSB-Aポート (最⼤12W出⼒)2ポートがついています。

手のひらに収まるちょうどいいサイズ

Anker PowerCore 10000 PD

    手のひらにスッと入るサイズになっています。
    程よい重さです。

    測ってみると193g
    以前使っていたAnkerの5,000 Slimと比べるとやや重たくなりましたが、
    PD対応で容量が倍と考えたら許容範囲ですね。

    Anker Slimの重量

    ちなみに5,000Slimの重量は119g軽い!
    まだまだ使えるので保険として持っておきたいアイテムです。

    カバンにすっぽり入るAnker

    ノースフェイスのスリムバッグ。
    小物用のポケットにもすっぽりはいるサイズなのでバッグの中で邪魔にならない。
    いいサイズ感。

    本体への充電は少し時間がかかるかも?

    Anker PowerCoreへの充電

    本体への充電について。
    大容量なだけに、普通のアダプターからの充電はちょっと時間がかかる感じがします。
    その場合はPD対応のアダプターとAnkerケーブルを使えば急速充電が可能です。
    約3.5時間でフル充電です。

    おすすめのPDアダプターは、AnkerのPowerPort Atom III Slimです。

    \おすすめすぎる/

    これが非常に軽くていい。

    最大出力は18W

    Anker PowerCoreの出力18W
    主な仕様
    • サイズ:約106 x 52 x 25 mm
    • 重量:約192g
    • 充電時間:3.5時間(18W出力以上のPD対応USB-C急速充電器を使用した場合)
    • PD入力:5V=3A / 9V=2A / 15V=1.2A
    • PD出力:5V=3A / 9V=2A / 15V=1.2A
    • Power IQ(USB-A) 出力:5V=2.4A
    • 合計最大出力:18W

    MacBook やタブレットへの出力は約15V*1.2Aで最大18Wの出力で急速充電が可能です。
    測ってみると若干の誤差はあるものの説明通りの出力かなと思いました。

    Anker スマホへの出力

    スマホへの出力は約9V*2Aの10Wです。
    こちらもまぁまぁカタログ通りかなという感じ。

    合わせて買いたいAnkerのケーブル

    Ankerおすすめケーブル

    モバイルバッテリーとPD対応アダプターがあるならケーブルも揃えたい。

    Type-C to Lightningケーブル

    短いのもあります。

    Type-C to Type-Cケーブル

    iPhoneの端子がType-Cになればケーブル1本ですべて済むんですけどね。
    iPadがType-Cになったので今後に期待です。

    Anker最軽量充電器のレビューも是非お読みください。

    Anker PowerPort Atom III Slim 超薄くて小さい充電器 出張先にいかが?

    2019-09-14

    こちらの記事も読まれています



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください