子供のスマホデビューをLINEモバイルにした(お古のスマホで格安プラン)




子供がスマホデビューしました!

うちの子供にはすでにスマホを与えてありますが、
「SIM無し」なのであくまで自宅のWi-Fiエリア範囲でないと使用することができません。
長女はもう中学生。まわりももうスマホ持ってるし、
子供たちが大きくなるにつれてお外でも使うようにしてあげないといけない。

しかし、自分のスマホ代もかかっているしバカにならない。。
そこで子供のスマホにかかるコストを安くすませる方法を考えてみました。

結論としてLINEモバイルにしました。

\格安はLINEモバイルでした/

LINEモバイルならSIMロック解除不要

我が家はソフトバンクモバイルをながくつかっています。
ですので他社の格安SIMを使うには、普通はSIMロック解除の申請が必要です。

【SIMロック解除方法】

各社のSIMロック解除方法は以下を参照ください。

LINEモバイルはソフトバンクモバイル回線が利用できるため
ソフトバンクモバイルのスマホを使うことができます。

iPhone 5以降のiPhone端末はSIMロック解除なしで利用できます。
Android端末は、2017年8月以降に発売されたAndroid端末はSIMロック解除なしでご利用できるそうです。

参考サイト:ソフトバンク回線START|キャンペーン・お得情報|LINEモバイル

子供にぴったりなLINEフリープランなら月額500円

LINEフリープラン

LINEモバイルの格安プランである「LINEフリープラン」は月額500円で利用が可能です。
スマホが手元にあるならSIMだけ手に入れれば月額500円で子供にスマホを持たせることができます。

LINEフリープラン

 

基本的にLINEを利用することで連絡がとれるのであればこのプランで十分な気がしますね。

子供は外でどれくらい通信量つかうのか

子供にスマホ(iPhone7)を持たせてお出かけをしました。
通信量は1GBしかないので普通の使い方をするとすぐになくなってしまいそうです。

休日に家族でお出かけし、その間につかった1日分の通信量をみてみました。

LINEモバイル通信量

初日、朝から夕方まででかけて移動中や食事中に使用していたようです。
初日は67MB。

漫画アプリや友達とLINEをしていたみたいです。

LINEモバイルデータフリー

LINEフリープランは、LINEの通信量が無料になるので実質アプリでつかった通信量のみとなっています。

1000MBを67MBで割ると15日間ほど。
娘には今の使い方を毎日すると半月で低速になるよと伝えました。
しかし、平日は学校がありますし自宅ではWi-Fiなのでおそらくは1GBで充分に足りるだろうとおもっています。

肝心のLINEは使えるわけですしね。

注意したいのは、YouTubeなどの動画再生ですね。
1GBなんてあっという間に使い切ってしまうので動画は自宅のWi-Fiでと伝えてあります。

ソフトバンクモバイルにもデビュープランがある

ソフトバンクにもデビュープランがあります。
月額980円で1年間利用できるようです。

5分以内の通話も無料。
支払いをまとめられるので便利ではあるのですが、今回は子供がLINEを中心に使っていることを考慮してLINEモバイルにしました。

LINEフリープランへ申し込み

早速申し込みを行いました。

LINEモバイル申し込み

まずLINEモバイル公式サイトへアクセスして料金内容を確認しましょう。
メニューの料金プランをクリックします。

LINEモバイル申し込み

お目当てのLINEフリー500円プランがありますので、「プランの詳細をみる」をクリックします。

 

LINEモバイル申し込み

LINEフリープランには3つの料金があるのがわかります。
僕は、データSIMの月額500円にします。
2つ目のSMS付きとは、ショートメールが使えるかどうか、
3つ目の音声通話SIMはLINE電話以外の電話ができるかどうかです。

 

LINEモバイル申し込み

料金と内容を確認したらページ右上の「申し込む」ボタンから先に進みましょう。

LINEモバイル申し込み

申し込みの流れは以上の通りです。
審査は僕の場合は翌日には結果が届きましたので、最速だと当日連絡がくるかもしれません。

同時に端末を選ぶことも可能です。

 

\LINEはただで使える/

キッズケータイからLINEモバイルに変更する懸念点

現在キッズケータイを利用していますが、ソフトバンクの都合で利用ができなくなるそうです。
キッズケータイでは現在以下の機能をお目当て使っています。

キッズケータイのいいところ
  1. 位置検索機能
  2. 通話通知機能
  3. 発信制限(登録した3件にしか電話できない)
  4. SMS
  5. 防犯ブザー通知機能(紐を引っ張ると連絡がはいる)

LINEモバイルにすることでこれらの機能がなくなるわけですが、代替案を考えてみました。

位置検索は「iPhoneをさがす」でなんとかなりそう。
通話通知は不要
発信制限も不要
SMSはLINEでじゅうぶん

あとは防犯ブザー通知ですね。

目的は子供たちの身の安全なので、個別に防犯ブザーは持たせておくこととして
何かあったら連絡はやはりLINEということになりそうですね。

どこにいるのか、予定の把握などは親子でしっかり話をして把握しておく必要がありそうです。

子供にスマホを与えるタイミング

小学生からもう当たり前のようにスマホをつかう時代になりました。
その分、親もスマホによるネットの利用についてはモラルやマナー、
事故やリスクについて理解して子どもたちよりも理解をしておかなければなりません。

子どもたちは好奇心をもってどんどん使うでしょうからダメだと言っても聞かないでしょう。
それならちゃんと教育して安全に使ってもらう方が未来のある話かなと思っています。

こどもにスマホを与えるタイミング

子供にスマホを買い与えるタイミングと親としてできること

2018-12-01

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください