Apple Watch シリーズ4のサイズの違い 44mmか40mmか




Apple Watchには各シリーズに2種類のサイズがあります。

シリーズ4は44mmと40mm。

アンケートをとったところ小さめのApple Wartchを持っている方が多いという回答でした。

実際どちらのほうが使い勝手がいいのか見ていきたいと思います。

 

Apple Watch Series4 44mmと40mm のちがい

腕に装着するとこんな感じで44mmがとても大きく感じます。

視認性はもちろん44mmのほうがよいです。

40mmが小さく見えますが、実はそんなことはなく僕の腕にはフィットしてますね。

 

僕は腕はやや細いほうだと思います。

手首の太さによって推奨サイズがあります。

だいたいの方が40mmでも大丈夫って感じでしょうか。

 

機能的に差はあるのかというと、無いです。

フェイスが大きさの違いだけになります。

 

おさまりがイイのは40mm どやぁするなら44mm

ビッグフェイスを好むのであれば44mmを選びましょう。

機能性を考えてジャストフィットを選ぶなら40mm。

小さいから女性用ということはありません。

Apple Watchユーザーはそれぞれ好みで選んでいるみたいですね。

 

Apple Watch どこで買うべき?

Apple Watchをどこで買うのがいいのでしょうか。

僕はスタッフさんと話をしたり実際に装着して購入したかったのでアップルストアの実店舗で購入しました。

こちらのアップルストアアプリからも購入が可能です。

ショッピング, ライフスタイル無料iOSユニバーサル

 

その他購入方法としては、Amzon、ヨドバシ、ビックカメラなどがあります。

ヨドバシもビックカメラも通販アプリがありますから気軽に購入が可能ですね。

ショッピング, ライフスタイル無料
ショッピング無料

 

残念ながらAmazonアクセサリーは豊富である者の、AppleWatch本体のラインナップが少ないです。

 

Apple Watchは実際に腕に到着して選ぼう

実際に装着してみるのがよいです。

大きさだけでなく、重さも体感してみてください。

データ上では以下の通りです。

  • 40mm ケース重量(GPSモデル):30.1 g
  • 44mm ケース重量(GPSモデル):36.7 g

 

データだけだとわかりにくいですよね。

ぜひ店頭で装着してみてください。

 

Apple Watchのアクセサリー紹介はこちら

 

Apple Watchアクセサリー

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください