MacでiPhoneを同期するとiTunesのプレイリストが重複登録されてしまう




iPhoneを同期すると、”[プレイリスト名]1”という名称のプレイリストが新しく作成されてしまい、重複してしまうことがあります。
その場合の対処を紹介します。

プレイリストに曲を使いする正しい方法

実はiTunesへの曲ファイルの正しい追加方法があります。
通常、iTunesで購入した曲なら問題はありませんが、
CDやもともと持っていたmp3ファイルなど注意が必要です。

正しい追加方法
  • 曲ファイルをライブラリに追加する
  • ライブラリからプレイリストへ追加する

直接プレイリストへ追加していませんでしたか?
まずはライブラリへ登録するのが正しい方法になります。

iTunesのプレイリストが重複するケース

僕の環境では、Mac側のiTunesのプレイリスト内容を変更した後にiPhoneを接続して同期した場合によく起きていました。
プレイリストに新規で登録する曲ファイルを直接追加したりすると、起こるようです。

そのほかの症状としては、曲がうまく追加されないなどがあります。
ライブラリからプレイリストへ追加という順番を守れば大丈夫です。

iTunesのプレイリストが重複してしまった場合

MacとiPhoneのプレイリストはどちらが優先というわけではなく対等な関係にあります。
どちらか一方が変更されたとしても同期を行なった際に双方を残そうとして重複が起こります。
MacやWindows側で[プレイリスト名]1という後からできてしまったほうのプレイリストを削除しましょう。
その後にiPhoneとの同期をもう一度行えば、正しい状態になります。

iTunesのバックアップはTime Machineでしっかりと

いざという時にiTunesのデータも復旧できるようにTime Machineでちゃんとバックアップを取りましょう。
Time Machineの使い方はこちらの記事をぜひお読みください。

MacをTime Machineでバックアップ

Mac標準「Time Machine」を使ってMacを丸ごとバックアップ

2019-04-04

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください