【Spigen】 Apple Watch スタンドで見映えよく充電




Apple Watch(アップルウォッチ)を充電するケーブルがなんだか使いにくい。

原因はケーブルが太く100cmと長いのと、バンドを装着した状態で充電しにくい。

アップルウォッチ充電ケーブル

 

腕から外して、かっこよくスマートに充電して、サッと取り出せるようにしておきたいですよね。

そこでApple Watch スタンドです。

 

Spigen Apple Watch スタンド

アップルウォッチスタンド

 

SpigenのApple Watchスタンドは、従来の充電ケーブルをドッキングさせて使うタイプの充電スタンドです。

なので充電部分の丸いパーツがハマるように、ぽっかりと穴が開いています。

 

 

そこに充電ケーブルを組み合わせます。

ジャストサイズになっているので、きつきつです。

むにっと押し込んで入れましょう。

その際にケーブルの向きなど気を付けてください。

 

ハマりました。

やはりケーブルが太くて気になりますね。

 

 

Apple Watchの「ナイトスタンドモード」が映える

Apple Watchがきっちりハマるようになっていますのでスタンドがあると見た目にも良いですね。

充電が開始されると

 

このように「ナイトスタンドモード」が映えますね。

デスク上に置いていてもかっこいい!

アップルウォッチスタンド

 

Apple Watchを購入したらぜひ初期装備としてご検討ください。

 

メーカー公式紹介動画はこちら

 

iPhoneと同時充電するなら3in1充電スタンド

iPhoneとAppleWatchとAirPodsを同時に充電できるスタンドもあります。

デスク上にきれいにまとめておきたいならアリアリなアイテムですね。

 

 

Apple Watchを買ったらそろえておきたいアイテム

一緒に、保護ケースもいかがですか?

 

Dalinch Apple Watch 44mm TPU保護ソフトケース

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください