Apple Watchでツイッターを使う方法 | Chirp for Twitter

Twitter公式アプリはApple Watchのサポートを終了しています。

そこでApple Watch(アップルウォッチ)でTwitterが使えるアプリ「Chirp for Twitter」を紹介します。

Chirp for Twitter
ソーシャルネットワーキング, ニュース無料

Chirp for Twitterをインストールする

まず「Chirp for Twitter」をインストールしましょう。

Watchアプリのアプリ検索から「Chirp for Twitter」を検索してインストールします。

無料でインストール可能ですが、アプリ内課金があります。

Chirp for Twitter

 

インストールしたらTwitter連携を行います。

 

 

その後、Setting画面となりますが特にすることはありません。

 

Apple WatchでTwitterを見てみる

Watchアプリをみると「Chirp for Twitter」が入ってるのがわかりますね。

 

Apple Watchの方にも

 

起動してみると、メニューがありますのでHOME(タイムライン)を表示してみましょう。

タイムラインが表示され、ツイートが表示されるようになります。

 

「Chirp for Twitter」のメニュー

その他のメニューは以下の通りです。

DMだけはアプリ内課金でProにしなければ見れないようです。

  • Home(タイムライン)
  • Trending(トレンド)
  • Mentions(通知)
  • Messages(DM:有償機能です)
  • Likes(いいね)
  • My Profile(プロフ)
  • Search(検索)
  • Setting(設定)

 

日本のトレンド情報を見るために設定メニューからJapanを選択しておきましょう。

 

Chirp for Twitter
ソーシャルネットワーキング, ニュース無料

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください