MacBook Pro 熱膨張したバッテリーを交換する(MC724J/A)




MacBook Proがいつもより熱い

この記事ではMacBook Proのバッテリー交換手順を紹介します。

タッチパッドが反応しない!!
MacBook Pro本体が歪み出してる((((;゚Д゚)))))))
バッテリーを交換するのMacは、
 
MacBookPro MC724J/A
2011 early
発売日 2011/02/24
です。

MacBook Proバッテリー事前調査

調べてみたらバッテリー劣化により膨張している可能性があるということで
電源を落として底版開いてみると、
バッテリーめちゃくちゃ膨らんでる。。

写真じゃわかりにくいけど膨らんでます
バッテリーはずしてみました。
バッテリーを外したまま底版装着して起動してみました。
ちゃんと起動します。

つまり最悪はバッテリーなしでも電源ケーブルで作業可能ってことです。(安心)

 

タッチパッドも復活膨張した。

 

バッテリーを装着して本体にゆがみが生じるのは危険と感じました。

 

 

MacBook Proバッテリー調達

うちのMacの型式MC724J/Aにあうバッテリーは、A1322みたいですね。
さっそくこちらの互換バッテリーをAmazonで調達。

バッテリー交換手順動画

詳細は動画にまとめていますので、読むのが面倒な方は動画を見てね 

 

MacBookProを分解してみよう

底版を外していきます。
底版のネジは、こんな感じで長さが違うので注意しましょー。

また、ネジはマグネットトレイなどに入れておかないと妖怪ネジ隠しのいたずらに合うことになります。

底版のネジ外したらこんな事にゆがんでいるのが分かります。

熱膨張によりバッテリーが膨らむので、バッテリーの上にあるタッチパッドが押せなくなります。
そして、かなりのストレスが本体にかかるので非常に怖い状態。

早速交換していきましょう。

 

MacBook Proのバッテリーを交換する

底版を取り外したら手前にバッテリーパックが見えます。

取り外しにはY型のドライバーが必要になるのですが、このバッテリーパックに付属していたので困りませんでした。
端子を慎重に取り外して、新しいバッテリーに交換します。ケーブル類は非常にデリケートですので、慎重にやりましょうね。

このようなミニドライバーセットがあれば、MacBook Proをバラすのに困ることはありません。
千円くらいでした。

今回交換したバッテリーを紹介

交換したてだとバッテリーは4時間持つみたいですね。
皆さんも愛機を復活させて見てはいかがですか?

DIYは自己責任でお願いします 。

同様の作業で、「MacBook ProのSSDを交換」することが可能です。同じタイミングで交換しましょう。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください