MacBookの充電にSatechi 75W Type-C 2基搭載トラベルチャージャー 2がすごい

2 min 178 views

SatechiさんからあたらしいトラベルUSBチャージャーが発売されました。
なんとType-Cが2基搭載されています。

MacBook ProやiPad Proが同時に充電できてしまいます。

 

Satechi デュアル Type-C トラベルチャージャーの外観とサイズ

Satechi チャージャー 内包物

内包物は本体とケーブルというシンプルな構成です。
ケーブルは1mほど。
コンセントが近いデスクであればもうすこし短いものを自分で用意してもいいかもしれないですね。
Satechiさんとしては純正のケーブルを利用することを推奨されています(PSEマークの関係上)

Satechi チャージャーサイズ

サイズは7.5cm * 10.5cm ほどになります。

Satechi チャージャー重さ

重さは本体抜きで221g。
まぁまぁそれなりですかね。

Satechiチャージャーサイズ比較

MacBook Airのアダプターとサイズ比較をしてみました。
やや長い程度でSatechiチャージャーの方が少し大きい程度ですね。

小さいに越したことはないのですが、これひとつで4つまでいっきに充電できると思えば決してかさばるものではないですね。

PSEマーク(電気用品安全法対応)もついていて安心な製品となっています。

[voice icon=”https://satoshisgarage.tech/wp-content/uploads/2018/12/IMG_4630.jpg” name=”Satoshi” type=”l”]デバイスごとに充電器を持ち歩く必要がなくなるので持ち物がスッキリしますね[/voice]

Satechi デュアル Type-C トラベルチャージャーの特徴

Satechi チャージャーUSBポート

[box class=”blue_box” title=”対応機器”]

  • 2018 MacBook Air
  • 2018 iPad Pro
  • 2016・2017・2018 MacBook Pro
  • 2015・2016・2017 MacBook
  • iPhone XS Max・XS・XR
  • Nintendo Switch
  • Microsoft Surface Go
  • iPad Air・Mini
  • Samsung Galaxy S9 Plus・S9

[/box]

何と言ってもType-C が2ポートもあるところが最大の特徴でしょうか。
同時充電が捗りますね。

 

iPhone XSで充電検証です。
USB-A to Lightningでは通常の5Vの充電状態ですね。

続いて18WのType-Cポートに接続。
47mAhの表示。

USB-Aに比べるとかなり出力が出ていますね。

続いてType-C 60WでMacBook Proを充電。
表示上は20V
30秒ほどすると31mAhまであがりました。急速充電ですね。

Type-Cポートは60W側をMacBook Proに、18WをiPadやiPhoneXSに、
USB-Aポートはそのほかのデバイスに使うと良いでしょう。

Satechi デュアル Type-C トラベルチャージャーのかさばり感

同じくSatechiさんのMacBook用キャリーケースに差し込んでみました。
あんまり違和感はないなぁ。
やはり同メーカー製だといい感じなのかも。

MacBookとチャージャーと合わせて持っていくのにちょうどいいキャリーケースです。
薄くて軽いのでインナーバッグとしてもおすすめ。

[kanren2 postid=”14565″]

Satechi デュアル Type-C トラベルチャージャーと合わせて買いたいもの

ケーブルです。バッグや環境にあわせて適切な長さのケーブルを揃えたいですね。

USB Type-C to LightningケーブルやType-Cケーブル。

このチャージャー一つでMacBookからiPhoneやiPadまで充電が可能です。
出かける際の荷物が減って良いですね。

メガネ型直角変換プラグ

ながいケーブルが意外とかさばるなぁと思ってこちらのアダプタを購入。

ちいさいL字のプラグなので嵩張りません。

こんな感じで電源タップに直接挿してしまいます。

以前のSatechi関連商品のレビューはこちら

[kanren postid=”15052,12915,14565,14234,13037″]

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください