Apple製品クリーナーがでた!Clew マルチ for Mac




Mac専用のクリーナーがあるのをご存知か?
これまでも100均クリーナーは紹介してきましたが、とうとう「for Mac」をうたうクリーナーが登場。

もともと電子タバコように開発されたクリーナーClewですが、
それを特性を生かしてApple製品にも使えるように開発したのがこの商品なんだそうです。

Clew ありそうでなかったMac用クリーナー

for Macっていう響きだけでポチっとしてしまいたくなる商品ですね。
名称はfor Macとなっていますが、商品説明上ではApple製品全般が対象のようです。

手持ちのApple製品全部磨いていこう!

Clew for Macは人体に優しい成分のクリーナー

Mac用クリーナーと成分

実はぼく皮膚がやや弱く、特に手のひらはいろんな洗剤で手荒れを発生させてきました。
今回のClew for Macは人体に優しいということで成分をみてみたいと思います。

Clew for Macの成分

水、ミネラル類のみ

※溶剤、エタノール、アルコール、界面活性剤、防腐剤、水酸化カリウム、水酸化ナトリウムなど人体や機器、環境に影響する物質は一切含んでいないミネラルウォータークリーナー

公式サイトより

ほんとかよ!!っていうくらい悪そうな成分は入っていない説明になっています。
それで汚れが落ちるのかなぁと心配はありますが、さっそくやってみましょう。

Clew for MacをiPadに試してみた

iPad Air 指紋落とし

まずはこれでもかっていうくらい指紋がついたiPad Airの指紋を落としてみましょう。
このiPadはフィルムカバーが貼ってあるのでそれに対する影響も同時にみてみよう。

Clew クリーナー吹き付け

直接スプレーして30秒程度待ちます。

ティッシュや柔らかい布で軽く拭き上げます。ティッシュでいけるっていうのもいいですね!

うっはー、一目瞭然ですね。めちゃきれいになるやんです。
ティッシュにも黄色く汚れがでていますね。

さぁここで以前紹介したDAISOのクリーナーと対決です。

以前紹介したように100均商品としては優秀なのです。(界面活性剤が入っています)

拭き取り方も同じような力加減でやってみたところ。

DAISOクリーナー対決

おやおやおや、DAISOクリーナーは少し磨く程度では汚れが落ちにくいようです。
一生懸命ゴシゴシするとようやく落ちるような感じ。

さっと拭き取るだけでこれだけ汚れがおちるClew。いいですね!(100均とくらべてごめんなさい)

Clew for MacでMacBookAirの電源部分をみがいてみた

MacBook AirのMagSafe部分を掃除します。

細いタイプの綿棒をClewで湿らせて掃除します。

汚くてすみません(掃除しがいがあるよね)

ほじほじしていきます。

めちゃ汚れがとれました。これはきもちいい!!
ついでに横のUSB-Aポートも掃除しました。

埃がたまると故障の原因になりますので、定期的に掃除したいですね。

 

Clew for MacでMagic Keyboardを掃除してみる

個人的にぜひやっておきたかったのが、Magic Keyboardです。
普段一番触るのはキーボードですから手垢汚れもあるとおもいます。

放っておくと黄ばんできたりしますからね。

綿棒ですいーーーっと掃除していきます。
そのあと全面的にティッシュで吹き上げていきます。

 

ぴかぴかりーん!!
スッキリきれいになりました。

Clew for Macをつかってみた感想

iMacのでかいRetinaディスプレイだってふきふきできます。

シュッと吹いて30秒待つと汚れが浮いて、ティッシュで拭き取るだけできれいになります。
これはきもちいい。

全てのMacユーザーにおすすめしたい。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください