Magic Keyboard Space Gray MRMH2J/A




MacBook Proにも合う純正キーボード!

iMac Pro が発売されてから現れたスペースグレイのキーボードがこれ!
iMac Proは買えないものの、キーボードだけでもと入手しましたので、使い勝手とiMac 標準のキーボードとの違いについて紹介します。

Magic Keyboard Space Gray MRMH2J/A

型式はMRMH2J/A A1843となっています。

購入したのはMagic Keyboardのみになります。
マウスは愛用の安いやつです。

Magic Keyboard Space Gray MRMH2J/A の外観

Magic Keyboard Space Gray MRMH2J/A

スペースグレイがいい感じにダークでひきしまって見えますね。

 

iMac Pro

iMac Proを合わせて使うとなおダークなアクセサリとして使えそうです。

重量

0.39 kg

システム要件

macOS 10.12.4以降を搭載したBluetooth対応のMac各種、iOS 10.3以降を搭載したiOSデバイス

同梱物

Magic Keyboard(テンキー付き)、Lightning – USBケーブル

Magic Keyboardテンキーありなしを比較

Magic Keyboardテンキー有無

テンキー有無だと結構サイズがちがいます。
また、矢印キーがテンキー側にずれるため、エンターキーの下にもoptionキー、controlキーがついています。

実はテンキーは要らなかったんですよね。
けどテンキー付きしか売っていない。

普段はこう、Macに対してキーボードが真ん中に来るように置いて使っています。

 

テンキー付きキーボードをMacの前に置くとこんなにセンターがずれる。
少し使いづらい感じがします。

また矢印キーの位置も指が覚えてしまっているので結構間違えます。
慣れなんでしょうけどね。

Magic Keyboard Space Grayの打ち心地比較

Magic Keyboard Space Gray比較

パッと見た目は変わらないのですが、iMac 2017についていたA1644 Magic Keyboardのほうがやや打ち心地が気持ちい。

Magic Keyboard Space Grayは、もっとキータッチが薄い感じです。

Magic Keyboardの打ち心地比較

MacBook Pro 2017のバタフライキーボードと比べてみると、

打ちやすさはMagic Keyboard スペースグレイの方がよい。
MacBook Proの方がややペチペチ感が薄く、押した感じがないです。

好みとしては慣れている、従来のMagic Keyboardかなと。

しかし、見た目が大事ってことでスペースグレイを使います!

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください