MacBook Pro 2017を1ヶ月使ってみた感想 まだまだ現役




新しい相棒としてMacBook Proを迎え入れてから1ヶ月くらい経ちましたので感想をまとめたいと思います。
MacBook Proを楽しむための準備をしてきたのでまとめて紹介します。

最終形態はこのとおり!
モバイルするにも必要なガジェットも取り揃えました!

中古でも十分に活躍ができるスペック

てんこ盛りCTOのモデルを購入しました。

MacBook Pro 2017のスペック
  • Intel Core i7 3.5GHz
  • 16GBメモリ
  • 512GB SSD
  • Intel Iris Plus Graphics 650

購入時点で2年落ちのモデルとなりますが、CTOモデルなので2019年時点でも十分に使えるMacだと判断しました。

中古Macも選び方次第で素敵な出会いがあります。
皆さんもぜひ探してほしい。

MacBook Air 探して

激安!中古 MacBook Airを探す時の注意点

2019-01-29

MacBook Proを手に持った感じ

正直言うとおもったよりずっしり。
サブ機でつかっていたMacBook Airはそうでもなかったので多少重さが違うのかな。

機種重さとサイズ
MacBook Air 13インチ
  • 高さ:0.3~1.7 cm
  • 幅:32.5 cm
  • 奥行き:22.7 cm
  • 重量:1.35 kg
MacBook Pro 13インチ
  • 高さ:1.49 cm
  • 幅:30.41 cm
  • 奥行き:21.24 cm
  • 重量:1.37 kg

調べてみるとそれほど変わらない。
サイズ的にはMacBook Proの方が小さいですね。

購入直後で支払ったお金の重さを感じたのかもしれません(すみません

MacBook Proをスキンシールでカスタマイズ

スペースグレイが非常に美しいMacBook Pro。だけどもみんなと同じだと面白くない。
そこでwraplusのスキンシールを用意。

wraplus MacBook Pro スキンシール

gori.meさんのパクリと思ったあなた!パクリちゃうねん。
紹介です。

パームレストまで保護してくれます。手触りも最高。
さまざまなバリエーションがあるのでおすすめです。

wraplus MacBook Pro スキンシール

wraplus for MacBook Air Pro おしゃれなスキンシール ブラックカーボン

2019-06-30

バタフライキーボードは慣れれば大丈夫

タッチ感が浅く薄いって感じです。
iMacでつかていたMagic Keyboardよりも薄型という感じで慣れるのに少々かかりました。

現在は、自宅では外部モニターをメインにして、Magic Keyboard スペースグレイを使っています。

Magic Keyboardの打ち心地比較

バタフライキーボードと比べると若干打ちやすいっていう程度です。
個人的にはテンキーは不要。
テンキーなしのスペースグレイなキーボードを心待ちにしています。

マウスはSatechiでおしゃれなものを

Satechi M1 Bluetoothマウス

キーボードにあわせてMagicマウスのスペースグレイを買おうと思いましたが、
SatechiからでているM1 Bluetoothマウスがおしゃれでよかったので購入。

アダプタいらずでつながるので満足です。

kickflipで姿勢をただしく

iMacに比べるとラップトップは視線がさがるのであまり腰にも首にもよくありません。
MacBook Airでもつかっていたkickflipを装着。

少し画面が高くなるので視線が落ちすぎず姿勢が悪くなるのを防ぐことができます。

Kickflip

MacBook Pro (Air)用フリップ型PCスタンド Kickflip

2019-03-22

MacBook Proの持ち運びは高級レザーケースで

実はこのレザーケース、13インチ用ではあるものの、MacBook Air13インチにkickflipを装着するとその厚みで入れづらい状況でした。

しかし、MacBook Pro13インチはMacBook Airよりも横幅が小さいのでkickflipを装着してもちゃんと収納ができています。
MacBook Pro2016で大刷新されたデザインでよりスマートになりましたよね。

シャトルデイパックスリムでMacBook Proを持ち出す

MacBook Proをレザーケースにいれてノースフェイスのデイパックでお出かけするようになりました。
バッテリーの持ちがとてもいいので電源アダプタなしで出かけてもまぁ半日はもちますね。すばらしい。

MacBook Pro感想まとめ

動作はとてもすばらしい。

後日iMac 2017との比較もしてみたいと思いますが、さすがCTOモデルってことでパワフルです。
動画編集もiMacよりも早いのでびっくり。

冒頭にも少し書きましたがやはりちょっと重さを感じる。
Airがそれだけ軽かったということかもしれませんね。
我慢できないものではないので問題はありません。

が、やっぱ少し重たいかなあ。。

画面はiMac 27インチ5Kと比べると見劣りします。
さらに外付けディスプレイがフルHDのためかなり劣化した感じがあります。

MacBook Proからは4Kディスプレイに出力できるので今後ディスプレイも注目していきたいです。

MacBook Pro 2016から大刷新されたシリーズで2019年の今も踏襲されたモデルです。
動作に不満がないどころかまだまだ現役で遊べるいいマシンなので、
新品でなくてもいいけど、中古でいいやつを探したいという方にオススメです。

こちらの記事も読まれています



4 件のコメント

  • 返信頂きありがとうございます😭

    やはりスペック重視でMacBookだと値段張りますよね。。。

    iMacで選ぶとしたら21.5インチの16gb、ssd256gbカスタムよりimac27インチのノーカスタムですかね?

    結構ずっと前から考えてて今日買う予定です😅

    • 今日ですかー。時間がないですねー。
      高い買い物なので慌てないで良いかと。
      21.5インチはあとからメモリ増設できないのでご注意ください。
      27インチは実機を見るとわかるのですが、でかいです。
      MacBook Proでも、外付けでモニターつければ広く使えます。
      動画編集するなら大きい画面が良いと思います。

  • 初めまして、今凄い悩んでてもし良ければお力貸してください。

    Final Cut Pro Xで動画編集を覚えたいと思っていて、iMacとMacBook Pro迷ってます。

    予算は20万程度で27インチなら間違い無いと思ってるのですが単身赴任などあるのでMacBookの方が良いのかなとも思っていて。
    カフェなど頻繁な持ち運びはないんですが。。

    もしMacBook proだとしたら20万円程度でどのようなスペックが良いのかなと思いまして。。。
    編集レベルで変わるとよく聞きますが出来るだけ多くの事ができればできるだけ良いです。

    もしわかればアドバイスください😭

    • 清水さんこんにちは。
      コメントありがとうございます。
      すごく悩む部分ですよね。
      私がFinal Cut Pro Xを利用していないので参考程度にお読みください。
      ちなみにiMovieでいつもYouTube動画作ってます(やや不便)

      まず、予算20万であればどちらも新品では買えないかもというのが感想です。

      動画編集をするのを大前提にすると多少スペックが良いものを選びたいです。
      最低でもメモリは16GB以上にしておきたい。
      で、エントリモデル(最安)MacBook Proに対して、メモリを16GB、SSDを512GBにすると20万超えてしまう。
      代替としてSSDを256のままにして外付けSSDで接続する手もありますね。
      それであれば20万超えない。

      iMac27インチは標準でも19万9千円とご予算ギリなので私みたいに後からメモリ追加という手もあります。

      予算内でスペック重視にするのであれば、中古のMacBook Pro(2018か2017)がおすすめですが、中古であることのデメリット(故障や保証なし)があります。

      これから動画編集を覚えて永く使うのであればスペックの良いものを推奨します。

      まとめますと、予算内でということであれば、
      MacBook Pro にメモリ増設16GB
      可能ならCPUをi7
      さらに可能ならSSDを512GB以上に。
      って感じです。
      MacBook Proは後からメモリ増設できないので購入時にカスタマイズ必須です。

      これを機に是非いろんなサイトを読んだり、販売店の店員に聞くなど買うまでも楽しまれてくださいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください