MacBook Proのポート拡張はこれ1つ!j5 create マルチドック




MacBook Proをつかっているなら持っておくべきマルチハブ。

MacBook Pro/Air専用のThunderbolt3(USB Type-C)ハブ!
これ1つで7つのポートを拡張できちゃうドックです。
Type-Cポートに直接接続可能なハブなのでかさばらず邪魔にもなりません。

Type-Cからスマートにポート拡張したい方におすすめ。

マルチハブ 7つの拡張ポート

マルチドックの拡張ポート
  • HDMI(4K)
  • Thunderbolt3 
  • USB Type-C 
  • USC 3.0 Type-A 2基
  • SD/microSD

これだけのポートがあれば不便しません。
外部ディスプレイへの接続はHDMIからも可能ですし背面側にポートがくるので配線がスッキリします。

j5 create マルチハブの特徴

サイズは、高さ12mm、長さ120mm、高さ12mmとスリム設計ですが、
重さは57gと意外と重たいという印象です。

 

電源ON状態でインジケーターが光ります。
通電状態がわかるので便利。

j5create ウルトラハブ接続でがたつきなし。

装着するときに、少し心配してたんですが高さと角度。
バッチリフラットになりMacBook Proつかっていたもガタつきなく使えます。

基本的に左側のポートに装着しますが、右側にもつけれないことはないみたいです。

裏返しで右側のポートに接続。
さらにハブ経由で外付けストレージを認識できました。
イヤホンジャックが潰れるのが惜しいなと思いましたが、そもそも右側で使うことはあまりないかな。。。

当然ですが、Type-Cポートから充電可能です。

モバイルするならどっち?

j5 createのマルチドックのようにMacBook Proと一体型になるタイプのハブと、
Satechiのマルチハブのようにケーブル接続タイプとどちらが持ち歩くのに便利なんでしょうか。

ケーブル接続タイプはデスク上ではスッキリ使えるのですが、
持ち運ぶには物自体が長いので少しかさばるかもしれません。

MacBook Proに装着したまま持ち運ぶとポート壊れそうなので取り外してもってたほうがいいでしょう。

MacBook Proを外に持ち出す際に付属でもっていくアイテムはほんとかさばらないもので固めていきたい。
j5 createのマルチハブはそんなアイテムの1つになりそうです。

 

j5 createからはワイヤレス充電器もでていますのでこちらのレビュー記事もぜひ!

j5create 木目調ワイヤレス充電器

木目調スタンド型ワイヤレス充電器 j5 create

2019-07-17

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください