Mac上でWindowsを動かす Parallels Desktop(パラレルズ) 15 for Mac




Mac上でWindowsを動かすならParallelsDesktop!

Macには標準でBoot CampというWindowsを動作させる仮想環境がありますが、
macOSを一旦シャットダウンする必要があります。
Parallels Desktop 15 for Macは切り替え不要。
macOS上でWindowsを起動できる便利な仮想環境ソフトウエアです。

オススメしたい人
  • Mac上でWindowsOSを本格的に利用したい方
  • 必要はあるけどWindowsPCを買うほどでもないという方
  • Boot Campでは不便だと感じた方

Macのデスクトップ上にWindowsを表示できる

後述のインストールを済ませると、デスクトップ上にウィンドウが表示されWindows10の画面が現れます。
あとは通常のWindowsを使うように利用が可能です。

表示されているのは、MS Edgeブラウザです。
Windowsのデスクトップには、Mac上のデスクトップファイルも表示されています。

Macをシャットダウンする必要がないので大変便利。

ParallelsDesktopのインストール

パラレルズダウンロード

まずは公式サイトからインストールファイルをダウンロードします。
有償版を使いたい場合は、「今すぐ購入」から、お試し版を使いたい場合は「無償トライアル版」からダウンロードしましょう。

パラレルズインストールファイル

ダウンロードされた「ParallelsDesktop-15.***」(*は細かいバージョン番号)を開くと、インストール.appが表示されますのでダブルクリックして起動します。

パスワードを求められますので、入力してOKをクリックしてください。

次にセキュリティ環境設定を開きます。
パラレルズに対して一部許可をしてあげないといけません。

インストールが完了したらアカウントを作成してサインインしましょう。
僕はGoogleアカウントで連携しました。

ParallelsDesktopの使い方

次に起動するWindowsOSをダウンロードしてインストールします。
ダウンロード前に、Macのストレージの空き容量が十分か確認してください。

Windowsのダウンロードだけで約5GBが必要です。
そのほかいろいろなアプリやファイルをWindowsで扱うのであれば20GB以上はほしいところ。

約30分でインストールが完了します。

Windows10の負荷状況

1つのPC上でOSが2つ動くわけですからそれなりの負荷がかかります。

CPUは1CPUで50%以上を使用します。
MacBook Pro2017なのでまだまだ余裕ですね。

メモリは3GBほどを使います。
MacBook ProはiMacなどの標準の8GBしかない場合はちょっと苦しくなってくるかもしれませんね。

せめて16GBあった方がいいと思います。

ParallelsDesktop15まとめ

 

ライセンスエディションごとの機能は以下の通りです。
Windows系開発を行う方はPro Edition以上にすると、Visual Studioプラグインが使えます。

まずは無償トライアル版で使い勝手をお試しください。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください