MacBookのスタンドに FITUEYES 机上ラック




自宅ではMacBook Proは横に置いてディスプレイとキーボードを別に用意して利用しています。
そうすると外部ディスプレイとMacBook Proの高さが合わない。

そこでFITUEYESのラックをつかって高さの調整と利便性を改善しました。
1,600円(2019/11時点)にしては質が良いものかなと思います。

\詳細はこちら/

そのほかの使い方やデスクまわり、組み立て方のヒントなどもご紹介します。
ちょうどいい台ってなかなかみつからないものですよね。

皆様のヒントになりますように。

ラックの大きさ・概要

机上ラック

高さ14cm、横幅42.5cm、奥行23.5cm
片手でかんたんに持ち上げる程度の重量です。

メラニン化粧板

メラニン化粧板を使っています。

商品の特徴としては、ラックの上にモニターやMac本体を設置することで
視点を上、姿勢がよくなることで肩こりや腰痛の予防にもなるというところ。

耐荷重は10kg程となるのでiMac 27インチの方はギリギリOKなサイズとなります。
乗せ過ぎに注意しましょう。

ラックの組立て

部品はシンプルです。
組み立てもプラスドライバーだけですみます。

木ネジがやや硬いので、電動ドライバーがあると便利です。
僕の愛用はこちら

完成です。
非常に簡単。

机上ラックの種類

FITUEYES 机上ラックは何種類がありますので、
自分に合った物をさがしましょう。

まずは1段タイプシンプルで良さげ。
MacBookなどで少し高くしたい方に良いサイズ。

ブラックのタイプ。
ナチュラルなデスクとブラックのラックのセットもなかなかかっこいいですね。

デスク上の組み合わせ方

iMacやディスプレイを乗せてみた場合。
思ったより高くなってしまいました。

Thunderbolt Displayは画面の高さまでが14cmです。
バランスを考えて少し工夫。

一段目にスタンドを挿入しました。
これで高さが緩和されるのと、ラックのスペースも無駄にならない。

こんな感じで裏からすっと差し込んでいます。
スタンドが薄型なので目立たずいい感じですね。

MacBook Proのスタンドとしてであれば2段目がちょうどいい高さとなりました。
Magic Keyboardとマウスと合わせればいい感じに作業ができそうです。

テンキーなしのキーボードであれば、ラック内に収納ができるのでPCを使わない時もデスクを広く使うことができますね。

Mac周辺機器の配置などもバリエーションが増えそうです。
こちらの記事からいい感じのアイテムを探してみてください。

iMacおすすめ周辺機器

iMacのオシャレでおすすめな周辺機器やアクセサリー

2019-09-17

デスク上の利便性をあげる机上ラックの紹介でした。
気になる方はこちらからチェック!

こちらの記事も読まれています