MacBook ProにType-C1本でいろいろ接続 CalDigit USB-C Pro Dock




MacBook Proにいろいろ接続しようとするのにたくさんのUSBハブが売られていますが、
結構、配線がガチャガチャします。
ドッキングステーションであればMacBook ProとはType-Cケーブル1本で

USB-Cケーブル1本で
  • 外部ディスプレイ
  • 外付けストレージ(HDD/SSD/SDカード)
  • スピーカー
  • 有線LAN(Ethernet)
  • 電源

をつなげることができます。

正直いうと、失敗した部分もあります。そこも含めてご紹介します。

CalDigit USB-C Pro Dockで繋がるもの

届いた箱は思ったよりおおきかったです。
サイトの写真だともう少し小さいように見えたんですけどねー

それから安定した電源を保つためのアダプターがおおきい!
デスク裏や配線などを工夫してすっきりさせたい部分ですね。

背面にあるのは

MacBook Proに接続するためのType-Cケーブル。
USB 3.2ポートが2つ。
ディスプレイポートが2つ。
ギガイーサネット(有線LAN)

フロントには

SDカード
イヤホンジャック
データ通信用のType-C
USB3.2

Thunderbolt3対応のMacBook Proであればディスプレイポートを同時に2台接続しても平気です。

ガチャガチャするMacBook 周辺をケーブル1本で

普段は自宅でMacBook Proを外部ディスプレイに接続して使っています。
Time Machine用のバックアップストレージや常用ストレージ、ヘッドホンなどなどMacBook Proに接続しなければならないものがたくさんです。

MacBook Proの4つのType-Cポートのうち2つは常に塞がっており、
イヤホンジャックも有線ヘッドホンやスピーカーをつなげています。

MacBook Proを接続するのにガチャガチャしているわけです。

CalDigit Pro Dockを使うと、

ドッキングステーションに全て接続できるので
MacBook Proへの接続はType-Cケーブル1本となるというわけ

(この時までは少なくともそう思っていたわけで、、)

Apple Thunderbolt Displayはいまのところ接続できない

やらかしましたー。

Apple Thunderbolt Displayはmini DisplayPort(Thunderbolt2)接続です。
CalDigit Pro Dockの外部ディスプレイポートはDisplayPort接続となっています。

きっとアダプタが別売であるんだろうと思い込んでいて、、

なんとか見つけたmini DisplayPort to DisplayPort アダプタはThunderbolt2対応ではなかったため結局Apple Thunderbolt DisplayはMacBook ProにType-Cアダプタを介して接続することに。

こちらのCalDigit TS3 Plusにするべきだった。。。値段さほど変わらないのに。。
失敗しました。。。

こちらのTS3 PlusはType-Cポートで外部ディスプレイが接続可能なのです。
新しい方がいいとおもってPro Dock買ったのになぁ。。。

しかし!そもそもDisplayPortに対応した外部ディスプレイであれば、
最大2台同時接続が可能なのです。

完全に僕の確認ミス。。。

あたらしい外部ディスプレイを購入すれば解決するんでしょうけど、、しばらくはがまんですねー。

外付けストレージはMacBook Proから離れて接続されているので、その辺は楽にはなりましたね。

Pro Dockの定位置はここ!

Dockの定位置は外部ディスプレイのまんまえ!!
フロントにあるポートが使いやすい位置はここかなって感じです。

先日購入したディスプレイライトのコントローラーもおいて完璧。

\おすすめライトですよ/

モニターにひっかけるだけお洒落なデスクライト BenQ ScreenBar Plus

2019-11-30

MacBook Proは普段はよこっちょに置いているので、イヤホンジャックが遠くて困っていましたが、Dockのフロントにあるジャックが何気に便利なのです。

ただ、インジケータがちょっと眩しいかなぁ。

スペースグレイにちかいカラーですっきりとしたデザインなのでApple製品とも相性がいいですね。

ちょっとお値段高いですが、USBハブでは物足りない方におすすめです。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください