macOS CatalinaでこんなところからiPhoneとiPadをデータ同期する




macOS CatalinaになってiTunesアプリがなくなったことでiPhoneの同期方法がわかりづらくなりました。
困らないようにデータ同期方法をご紹介します。

ミュージックアプリを使わずに直接同期する

iPhoneやiPadをライトニングケーブルかUSB Type-CケーブルでMacに接続します。ここまではこれまでと一緒。

Catalina iPhoneの同期方法

その後に、ファインダーから認識したiPhoneを選択します。
通常は自動で開くようですが僕の環境では開いてくれなかった。

右下に「同期」ボタンがありますのでクリックして同期しましょう。

僕のように自動で開かない方は、
「このiPhoneが接続さrているときに自動的にiPhoneを同期」にチェックを入れておきましょう。

ミュージックアプリからは、接続したiPhoneを右クリックで同期が可能です。

 

macOS Catalina最新機能についてはこちらをお読みください。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください