Raspberry Pi でVIで方向キーがおかしいのを直す

1 min 462 views

Raspberry Piのセットアップ後VIやVIMで挿入モード「i」にしたあとに十字キーで→をおしてもABCDになってしまう問題を解決します。
原因は互換モードになっていることらしいです。
また、バックスペースキーもおかしいので一緒に直します。

homeで.vimrcをいうファイルを作成することで直ります。

vi .vimrc
set nocompatible
set backspace=indent,eol,start

これで気持ちよくプログラムを書くことができますね。
使用したのは、Raspberry Pi 3B+です。

satoshi

satoshi

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連を中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください