SONY WH-1000XM3 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット

3 min 69 views

最新機種ではないですが、ヘッドホンを買い替えました。
これまでは1つ前のWH-1000XM2を使っていました。

お気に入りのヘッドホンでしたが、1つだけ不満が。。
それは充電ケーブルがmicroUSB端子だったこと!

今回のWH-1000XM3ではUSB Type-Cが充電ケーブルとなったためこれでケーブルの統一ができます。

最新はこちらのXM4になります。

SONY WH-1000MX3の相場

SONY WH-1000MXは2021年時点で1つ前のモデルとなります。
なのでそこそこ中古が出回っています。

僕の個人的な感覚ではこの記事を書いている時点では17,000円から19,000円くらいでいわゆる美品が入手が可能です。

新品がいい方は、迷わず最新のものを買いましょう。

互換性のあるイヤーパッドも売っていますので、中古で買った後に交換することができます。

SONY WH-1000MX3の音質

もともとBOSEが好みなのですが、SONY WH-1000MX3で音楽を聴いた感じは「とても心地よい」です。
音量大きめにして低音が効いている曲でも耳が痛くならずしっかり楽しむことができます。
締め付けも強くないので、長時間つけていても疲れにくいかもと思いました。

普段はMacBookProで利用しているので特に設定はありませんが、iPhoneで利用する場合は専用のアプリのイコライザーで好みの音質に調整が可能です。

Sony | Headphones Connect
ユーティリティ, ミュージック無料

YouTubeを見ているとよく声が聞こえるので解説系の動画だと勉強が捗りますね。

SONY WH-1000MX3と一緒に買いたいアクセサリ

SATECHIのヘッドホンスタンド
スタンドが1つあるだけで、保管が捗ります。
いつものところにヘッドホンがあるという当たり前の設定を作ることができます。
こちらのスタンドはPCやアダプタと接続するとUSBポートを利用することができる優れものです。

SONY WH-1000MX3をより安く入手する方法

型落ちでいいから安くいいものをと考える方は、中古で購入する方がいいです。
それもなるべく安く程度のいいものを探しましょう。

例えばメルカリ。

状態のレベルを、

・新品、未使用
・未使用に近い

に設定しましょう。

慌てて購入せずに、出品されているものをいくつか見てみて現時点での相場を調べましょう。
新規出品のアラートを設定するのもいいでしょう。

検索条件を保存して、アラートを設定しておけば相場を知らずに安く出してしまった出品に出会えることもありますよ。

SONY WH-1000MX3のスペック

ヘッドホン部 
型式密閉, ダイナミック
ドライバーユニット40mm ドーム型(CCAWボイスコイル採用)
感度104.5dB/mW(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、101dB/mW(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)
マグネットネオジウム
再生周波数帯域4 Hz – 40,000 Hz (JEITA)
インピーダンス47 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
コード長約1.2m、OFC線、金メッキステレオミニプラグ(ヘッドホンケーブル)
コードタイプ片出し(着脱式)
入力プラグ金メッキL型ステレオミニプラグ
質量 *2約 255g
ヘッドホン部(その他)
電源DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約3時間(フル充電) (1.5AのACアダプター使用時)
充電方法USB充電
電池持続時間(連続音声再生時間)最大30時間(NC ON時)、最大38時間(NC OFF時)
電池持続時間(連続通話時間)最大24時間(NC ON時)、最大30時間(NC OFF時)
電池持続時間(待受時間)最大30時間(NC ON時)、最大200時間(NC OFF時)
周波数特性4Hz-40,000Hz
対応インピーダンス47 Ω (有線接続、POWER ON時 1 kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1 kHzにて)
音声入力端子ステレオミニジャック
マイクロホン部
型式MEMS
指向特性全指向性
有効周波数帯域50Hz-8,000Hz
付属品
USBケーブル
保証書
キャリングケース
航空機用プラグアダプター
接続ケーブル
取扱説明書
Bluetooth
通信方式Bluetooth標準規格 Ver.4.2
出力Bluetooth標準規格 Power Class2
最大通信距離見通し距離 約10m
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
対応BluetoothプロファイルA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)、 AVRCP(Audio Video Remote Control Profile)、 HFP(Hands-free Profile)、 HSP(Headset Profile)
対応コーデックSBC, AAC, aptX, aptX HD, LDAC
対応コンテンツ保護SCMS-T方式
伝送帯域(A2DP)20Hz – 20,000Hz(44.1kHzサンプリング時) / 20Hz – 40,000Hz(LDAC 96kHzサンプリング、990kbps 時)
satoshi

satoshi

Macブロガー
幼少の頃からMac中心の生活。
MacやiPhoneなどApple関連を中心に情報発信します。
あなたの身近なところをサポート

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください