Snapmart 写真販売アプリ 1ヶ月使ってみた結果報告




身近なもので売れる物ってたくさんあるわけです。
今回はスマホから写真販売ができるアプリ「Snapmart

写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング無料
Screenshots

【Snapmart】にチャレンジ

1ヶ月ほど使ってみた結果を報告します
結構いろんなジャンルで写真だしてみたんですよ。

 

 

Snaprart販売結果

出品数:約30枚

売れた枚数:0枚

売上:0円

 

 

 

・・・・orz

 

 

 

センスがないとしか言いようがありません。

まだまだ諦めずに投稿しています!!

 

売れる写真の特徴とは

1枚も売れていない僕が偉そうに解説していきます。

公式サイトでも購入された写真が紹介してありますが、

売れやすい写真には特徴があります。

 

  • 人物が写っている
  • 美女
  • 季節物
  • 腹筋写真(フィットネス系)
  • Instagramに載ってそうなオシャレな写真

 

僕の写真は当てはまらない

 

人物が写っている

人物が写っている場合は、その人の許諾が必要になります。

許諾済みの写真であれば買う側の手間が省けて買いやすいということになります。

 

美女

理由は要らない

可愛いは正義!

 

ただし、可愛いは作れる!!

(ここ重要)

 

季節物

買う側の目的としては、広告や記事に画像を使うためです。

四季に応じた様々な記事はたくさんでますから、

素材として選ばれやすいようです。

 

Instagramに載ってそうなオシャレな写真

これは僕がなんとなく眺めてて思った感想でもあるんですが、

Instagramで有名人が載せてるようなオシャレっぽい写真がよく売れてますね。

記事に差し込むだけでオシャレになりそう。

写真買取で人気があるのはフィットネスやダイエット画像

今回感じたのは、
フィットネスやシャイプアップやダイエット系の写真がすごく人気ということ。

それには果敢にダイエットに挑戦する姿が共感を生むからかもしれませんね。

いい素材があります。
FiNCというフィットネスアプリは無料で使えてフィットネス情報が満載です。

 

FiNC AIとダイエット - あなた専属トレーナー

FiNC AIとダイエット – あなた専属トレーナー

株式会社FiNC無料posted withアプリーチ

フィットネスのトレンド情報をキャッチして独自の写真を撮っていけばいい写真ができるかもしれませんね。

FiNCでAIダイエットしてみた

無料アプリ FiNC AIと1週間ダイエットしてみた

2019-08-13

インスタグラマーが活躍できるマーケットになってるみたいですね。

 

 

写真素材を購入することができる

売るだけでなく、購入することも可能です。

宣伝広告ようの有料・無料素材はたくさんありますが、snapmartのようにインスタ映えするような写真素材ってなかなかありません。

この点はsnapmartの優れたメリットだと思いました。

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください