Macのアプリケーションを安全に削除(アンインストール)する「AppCleaner」




Macのアプリケーションを安全に削除する方法をご紹介!

Satoshi
正しい削除を行わないと、設定ファイルなどのゴミが残ってしまいMacの不調の原因となることもあります。

さらに、不要なアプリを溜め込むと、容量圧迫の原因になります。

 

Macのアプリケーション削除方法

 

アプリケーションの削除方法には以下の2つがあります。

Macのアプリ削除方法
  1. アンインストーラーを使う
  2. アプリ自体をゴミ箱に入れる

 

厄介なのは2のアプリをゴミ箱に入れるです(後述)

 

Macアプリのアンインストーラーを使う

 

 

 

アプリケーションをインストールするときにそのアプリ専用のアンインストーラーがついていることがあります。

その場合はそれを使ってアンインストールしましょう。

しかし、僕の経験上アンインストーラープログラムがついていることはとても少ないです。

 

Macのアプリをゴミ箱に入れる

 

アプリを削除するにはゴミ箱に入れるしかありません。

 

ここで注意!!

それですむアプリケーションもあるのですが、そうではないアプリケーションもあるということです。

理由はあとで説明しますが、

Macユーザの皆さんはしのごの言わずに次のアプリをいれちゃってください。

 

AppCleaner(ドラえもん風に読んで見て)

です。

Mac関連の雑誌を買ったら必ずと言っていいほど初心者向けに勧められている汎用アンインストーラーアプリです。

これがあればOKです。

 

AppCleanerをインストールする

 

ダウンロードはこちらから

FreeMacSoft

 

ダウンロードしたAppCleanerをアプリケーションフォルダに移動させましょう。

 

AppCleranerでMacアプリをアンインストールしてみよう

 

アプリを開くと

「Drop your apps here」(さぁここにクソいらねぇアプリを叩き込むんだ)

と書いてありますので、アプリのアイコンをドラッグアンドドロップで放り込みます。

 

今回は試しにClamXav(ウイルススキャンソフト)を放り込みました。

あとは「Remove」ボタンをクリック!

 

アプリの設定ファイルについて

 

なになに.appというのがアプリケーション本体です。

一覧のその下にずらずらっとでているフォルダやファイル

こちらがアプリを削除するだけでは一緒に消えてくれない「設定ファイル群」だ!

 

.appファイルを削除するだけでは、アプリケーション使えなくなっただけで

アンインストールが正しく完了していない

という状態になってしまいます。

 

AppCleanerは関連ファイルを全てピックアップしてくれて一括削除してくれるありがたいアプリなのです。

 

この設定ファイル群は、普段Macユーザが触らない場所にあるため気づきにくいものです。

 

削除できていないとどうなるかというと、、、

 

 

なんというか、残尿感

 

すぐに何か影響があるというわけではないのですが、

ながくMacを使って行くうちにこのようなゴミが溜まっていき、不調の原因になることがあります。

 

しかも残ったファイルはTime Machineでちゃんとバックアップされてしまい、

新しいMacへ移行するときにもゴミファイルごと転送されてしまうのです。

 

ということで、深く考えずにAppCleanerを利用しましょう!

Macのことなら「Macの教科書!」へどうぞ

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください