MacBook PRO SSD 換装手順(MC724J/A) HDD→SSD化手順

MacBook ProのストレージをHDDからSSDへ換装する手順を紹介します。

Macの動作が重たい方必見です。

Macの起動に数分かかっていたのが30秒かからずに立ち上がるようになりました!

今回SSDを装着したMacBook Pro

MacBook Pro MC724J/A
13インチ 2011年 early

 

 

HDDも長年酷使してきました。そろそろ限界です。

 

MacBook Pro用に購入したSSD

 

入手したSSDは、安心ブランドのTranscendの256GBです。
 

 

 

MacBook ProをSSDに換装する手順

手順は以下の通り

MacBook ProをSSD換装手順
  1. 空のSSDにMacOSをクリーンインストールする
  2. MacOSを同期する
  3. MacBookProを分解してSSDに交換する
  4. MacBookProを起動して動作確認する

 

空のSSDにmacOSをクリーンインストールする

 

SSDを裸族のストレージカセットに差し込んで、MacBook Proに繋げます。

画像のような、HDDを裸のままUSB接続できるDocかUSBケーブルがあると便利です。

こんな感じの2本させるタイプだと丸ごとコピーができて便利です。

2.5インチであればこんなケーブルもあります。

ディスクユーティリティを起動しMacOS拡張(ジャーナル)を選んで初期化します。

事前にダウンロードしておいたMacOSのインストーラでMacOSをインストールします。

ダウンロードが終わるとインストーラが立ち上がりますので、

「すべてのディスク」をクリックして、SSDを選択しましょう。

MacOSのインストールが始まります。

 

macOSを同期する

インストールが終わると復旧するかどうかを聞いてきますので、

もともとのストレージから復旧をかけます。

復旧完了したらSSDと内蔵HDDが同じ状態(同期)になりましたので、MacBookProをバラしてHDDをSSDに換装します。

USB接続でもサクサク動いたので期待できます( ̄▽ ̄)
 
 

 

MacBookProを分解してSSDに交換する

まずMacBook Proを裏返します。

ネジが何本か見えますので精密プラスドライバーで外します。

 

ネジは左上3本が長いやつでした。失くさないように気を付けましょう。

裏蓋を開けると、HDDが見えます。

他の部分はさわっちゃダメダメ。

 

HDDをおさえている部品をはずすため矢印部分のネジを取ります。

 

これでHDDが浮きますが、慌てちゃダメ。まだSATAコネクターがハマっております。

優しく外しましょう。

HDDが無事に取りはずせたら、つぎはHDD両サイドのネジをSSDに移植します。

ここでトルクスネジが出てきますので、T6で外します。

移植!

SATAコネクターをつけてSSDを納めます。

わしょーい!!

 

あとは裏蓋を戻して交換は完了!

 

MacBook Pro 動作確認

起動激速!!!もっとはやくやっとけばよかったー( ̄▽ ̄)

  • 起動チェック
  • アプリチェック
  • ネットチェック

など普段つかう操作をチェックしておけばOKでしょう。DIYは自己責任でお願いします。

 

SSDの注意点

 

SSDは空容量が少なくなってくると激重になるので容量は注意してください。

Macの空き容量をつくるおすすめ記事

Macのストレージ圧迫を解消して空き容量を増やす方法

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

satoshi

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!