【iOS12】iPhone コントロールセンターでWi-Fi機能はオフにならないことが判明




iOS11になってコントロールセンターが便利になりました。

しかし、これまでとちょっと違う部分があるようだ。

iOS 11 のコントロールセンターで Bluetooth と Wi-Fi を使う

iOS 11 以降では、コントロールセンターで Wi-Fi または Bluetooth のボタンを切り替えると、
Wi-Fi アクセサリや Bluetooth アクセサリとデバイスとの接続がすぐに切断されます。
Wi-Fi も Bluetooth も引き続き使えるので、以下の重要な機能は利用できます。 

 

「切断するけど、引き続き使える」この部分がこれまでと違いますね。
これまでだとコントロールセンターからWi-Fi機能自体をオフにすることができました。

 

 

コントロールセンターでのWi-Fi On/Offを試す

 

 

早速試して見ました。

コントロールセンターを呼び出します。
画面下から上に向かってスワイプします。

Wi-Fiに繋がっている状態なので、Wi-Fiアイコンをタップします。

 

自宅のWi-Fiとの接続が切れました。

 

今度は設定アプリからWi-Fi設定を見て見ます。

Wi-Fi機能はオンのままでした。

 

コントロールセンターのWi-Fi設定まとめ

 

 

コントロールセンターからのWi-Fi切断はあくまで現在接続中のWi-Fiを切断するだけで、Wi-Fi機能は使える状態となっている。

完全にWi-Fiを切りたい場合は設定アプリから機能自体をオフにすることで対応可能

って感じですね。

例えば、駅やショッピングモールなど細いWi-Fiで繋がりにくくなるのを防ぐためにコントロールセンターからオフにしておくとこれまでは、自宅に帰った時にWi-Fiを入れ忘れた!!なんてことがありましたがWi-Fi機能はオフにならないので自動で接続してくれるってことですね。

これは改善ととっていいでしょう。

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください