iOS12 | iPhone標準 「メモ」アプリ便利な活用方法

iOS12になって「メモ」アプリがさらに便利になりました。

バージョンアップのたびにどんどん便利になって、Wordっぽくなっていますね!

そんな便利になった「メモ」アプリの活用方法をご紹介します。

 

 

iPhoneメモアプリで表作成する

新規でメモを作成するとキーボードの上に表アイコンが出てきますのでタップします。

 

すると、からのテーブルが表示されます。

 

残念ながら計算はできないようです。

行や列の追加も可能です。

列を選ぶと「列を追加」が出てきます。

 

行を選ぶと「行を追加」が出てきます。

 

表の編集中に表のアイコンをタップすると、表メニューが出てきます。

 

メモの表メニュー
  • 表の共有:表をAirDropなどで共有できる
  • 表のコピー:メールや他アプリにペーストできます。
  • テキストに変換:テキスト化できます。そうすることで旧バージョンのメモと互換性が取ることができます。

 

 

メモアプリ フリーハンド作図

 

iPad Pro ではAppleペンシルが活躍しそうですね。

iPhoneでも手書きでいけます。

 

添付ファイルからスキャン

キーボード上の(+)ボタンででメニューを呼び出します。

 

写真やカメラでスキャンした画像をメモに貼り付けることが可能です。

 

PDFで保存しよう

作成したメモはPDF形式で保存することができます。

iPhone以外のデバイスでも閲覧可能になりますよね。

 

PDFはKindleアプリで読むことができます。

こちらもぜひお読みください

PDFファイルをKindleアプリで読む方法

 

 

注意:iCloudのメモだけでしかつかえない

Gmailと連動しているメモではこれらの機能は使えないようです。

Gmailと連動してればもっと便利だったんですがねぇ。

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!