【Mac】スクショしてすぐ編集ができるアプリ ShotBox




ブログを書く際にスクリーンショット(以下スクショ)をよく撮ることがあります。

すぐに貼り付けや編集したい場合は先ほど撮ったスクショがデスクトップのどこにあるか探さなければなりません

今回ご紹介するアプリ 「ShotBox」を起動させおけば、スクショを撮ったらすぐに小ウィンドウが表示されそのまま他のソフトにドラッグできたり編集できたりします。

 

イメージとしてはiOS11で実装された「インスタントマークアップ」機能に似た感じです。(余計わかりにくくなった??

 




このアプリをおすすめしたい人

 

  • スクリーンショットをよく撮る人
  • 撮ったスクリーンショットをすぐに使いたい人

 

ShotBoxインストール方法

 

アップルメニューからApp Storeを起動します。

検索項目で「ShotBox」を入力して検索するとでてきます。

 

無償アプリなのでそのままインストールしましょう。

 

 

 

こちらからインストールが可能です。【ShotBox

 

インストールして初回起動の際に、ご自分のスクショを保存するフォルダを選択する画面が出てきます。

後から変えることができないようなのでここできちんと選んでください。

デフォルトはデスクトップだと思うのでそのままでOKです。

 

 

 

あとはよくわからない画面がでますけど、そのままOKしましょう。

 

 

ShotBoxの使い方

Macの通常のスクリーンショットコマンド

command + shift + 3

もしくは、

command + shift + 4

でスクリーンショットを撮ります。

すると小ウィンドウが最前面に現れます。

 

この小ウィンドウからそのまま他のアプリへドラッグ&ドロップが可能です。

またウィンドウの編集アイコンをクリックすると編集ウィンドウが開きます。

ペンシル機能では手書きで落書きが可能

 

そのほかにも矢印や吹き出し、文字列挿入、タッチパッドによる手書きなど思ったよりも多様な編集が可能です。

 

例としてヘッタクソすぎる

 

 

アイキャッチ画像など作るには便利かもしれないですね。

類似のアプリ[Skitch]とどちらが良いかは好みになると思います。

Mac イラスト Skitch

Skitch 画像描き込みアプリ 資料やブログのお供に MacでもiPhoneでも

2017-09-03

 

合わせて覚えたいショートカットキー

ショートカットキーを覚えると作業効率爆上げです。

Macを極めろ!便利なショートカットキー一覧

2017-10-26

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください