iPhoneアプリ「切り抜きプロ」で自作ステッカーを作ろう




当ブログのキャラクターアイコンをiOSアプリを利用してステッカーの自作をしたいと思います。

 

このアイコン大変お気に入りなのです。
なみへいさん(@ButayamaNamihei )に書いていただいたイラストです。

普段はかわいらしい豚さんのイラストをよく書かれている方で、「記念になみへいさんの面影をイラストにいれておきたい」という想いから、

アップルにブタッ鼻をつけてとオーダーしてできあがったものです。

ブログにもたびたび登場するこやつを、思いつきでステッカーにしたいと思います。

iPhoneアプリをつかって画像をPNG画像を切り抜く

今回使うのは、「切り抜きプロ

写真/ビデオ, ユーティリティ¥360iOSユニバーサル

iPhone向けのiOSアプリです。
iPadにも対応していますが、縦置きで使うアプリであるためiPadにはあまり向いていないと思います。

PNG切り取り以外にも様々な画像加工が可能なアプリです。
メニューの中から「透明PNG」を選択します。

 

 

 

対象の画像を選択して、指でなぞると自動範囲選択でPNGとして残す部分が表示されます。
調整も可能です。

 

 

 

出来上がったPNG画像は、さまざまなメディアに保存したり共有したりすることができます。

 

 

 

ステッカー用紙に印刷する

保存したら、次は印刷です。
エーワンの手作りステッカーシートを使います。初めて買いました。

 

ハガキサイズの用紙となっています。
適当なサイズに縮小して、ハガキ1枚にイラスト2枚入るようにしました。

印刷ぴょーーーん

 

プリンターが古いのでさほどいい色にはならないけど白黒なのでOK

 

UVカットの保護フィルムを貼ります。
これが無いと、野外ではステッカーの劣化がとても早いので重要です。

地味にカッターで切っていきます。
画像の切り取りはアプリで簡単なのに、ステッカーの切り取りは手作業っていうアナログ。。

 

絶妙に外側のフチを残して切り取りました。ここ重要。
カッターで切ったので、ちょとへぼいですね。あとで修正。

 

自分でつくったステッカーを貼ろう!!

それでは自分で作ったステッカーを原付にでも貼ってみます。

んー、真っ黒にすべきだったかな。モノクロ印刷ではあるんだけど。

 

フロントボックスがスッキリして、1ポイントでなみへいステッカーなのでバランスは悪くないね。

 

今回はiPhoneとズーマーカスタムのコラボ記事となった。自己満足!!

ステッカー1枚で気分一新。これがステッカーチューン!

写真/ビデオ, ユーティリティ¥360iOSユニバーサル

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください