WordPressテーマ STORK(ストーク)初心者向けカスタマイズ

人気があるWordPressテーマSTORK。

それだけにデフォルトのままでもかっこいいのですが、みんなが使っているからにたりよったりになっていませんか?

はじめの一歩で他のブログと差がつくカスタマイズを行い、スタートダッシュの足がかりとしましょう。

 

STORK スライドショー(スライダー)メニュー

 

スライドショーというのは、TOPページに表示させることができるアニメーションメニューのことです。

おすすめしたい記事を目立つように表示させることができます。

 

作成はとても簡単です。

管理メニューの[投稿]→[カテゴリー]を開きます。

新規でpickupカテゴリーを作成します。
スラッグもpickupにしてください。

記事を投稿するときに、タグとしてpickupを選択すると、
スライドショーに表示されるようになります。

また、スライドショーを解除したい場合は、pickupカテゴリーを外すかスラッグを別の文字列にすると非表示になります。

ありなしでPage Speed Insights(ブログの表示計測サイト)で表示スピードを計測しましたが、ほとんど変わりはありませんでした(なぜに?)

 

STORKのフォント種類や文字の大きさ変更

このブログは文字の大きさをスマホ向けに調整しています。

またフォントもWebフォント「さわらびFont」に変更しています。

以下のコードを[外観]→[テーマの編集]→[style.css]

の頭の方に追記します。

@import url(https://fonts.googleapis.com/earlyaccess/sawarabigothic.css);
body {
font-family: ‘Sawarabi Gothic’, sans-serif;
font-size: 107%;
}

 

保存してすぐに変更されないようであればブラウザのキャッシュを削除してみてください。

文字を大きくしすぎると、変なところで文章の改行がおきてしまい読みにくくなってしまうので注意です。

 

STORKのカラー変更

STORKの特徴でもありますが、カラーの設定もメニューから簡単に変更が可能です。

[外観]→[カスタマイズ]→[サイトカラー設定]から変更が可能です。

 

 

 

STORKのショートコード導入

下にあるURLからダウンロードしたjsonファイルをインポートするだけで、さまざまな装飾が可能となります。

リンクやボタンの装飾などは「AddQuicktag」というアドオンで一発登録です。

吹き出しなんかもこれでいけます。

こちらを参考にしました。

【最新版】「STORK」で使えるショートコードを、全部・サクッと、便利に登録!

 

その他の参考カスタマイズ

 

ぱるさん(@palulog)のSTORKカスタマイズもすごい!

ぱるくら ブログカスタマイズ

 

カスタムしたらあとは記事を書くだけ

 

さぁこれで記事を量産する準備が整いました。

あとは書くだけですね。

STORKの導入を迷っていて、ここまで読んでしまった方は、ストークのサイトをのぞいてみてくださいね。

WordPressテーマ「ストーク」

 

 

ストーク後継の最新WordPressテーマ「スワロー」

 

ストークを出しているOPENCAGEさんから新しいテーマがでています。

テーマ「スワロー」は、あのプロブロガーでmeee代表のやぎぺーさんとコラボした最新テーマです。

STORKの後継にあたるテーマなのでこちらもぜひ参考にされてください。

 

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!