『Time Machine』のバックアップフォルダをゴミ箱にいれてしまった場合の対処方法




Macでやってはいけないと言われている行為の一つが、

『Time Machine』のバックアップフォルダ(Backups.backupdb)をゴミ箱に入れてしまう

です。

 

これで何が起こるかというと、

永遠とゴミ箱が空にならない

という呪いにかかります。

先日まちがってゴミ箱に放り込んでしまってハマったので、その対処方法をいくつか紹介します。

 

これから紹介するいろいろなやり方を試しましたが、はじめに紹介する「Time Machine」でゴミ箱に捨てる前の状態に戻す で解決しました。

OSのバージョンによりどれが効くかわかりません。

うちのMacはver 10.13です。

 




「Time Machine」でゴミ箱に捨てる前に戻す

 

 

ん?ゴミ箱に捨てたのにTime Machineで戻せるの?って思われた方がいるかもしれませんが。

僕の場合は、普段Time Machineを外付けHDDにて使っています。

外付けHDDを使っていない場合は、「Time Machine」は内部HDDに「Backups.backupdb」フォルダが存在します。

それをあやまって他の不要ファイルと一緒にゴミ箱に入れてしましました。

 

Time Machineから状態を戻す

もし別にTime Machineのバックアップがあって、ゴミ箱に入れてしまた直後であれば一番簡単な方法です。

注意:バックアップ以後に保存したデータはさら別途外付けHDDなどに保存しましょう。

画面の右上にあるTime Machineのアイコンメニューから「Time Machineに入る」を選択します。

右側にTime Machineに保存されたゴミ箱にいれてしまった直前のバックアップ日付を選択

「復元」ボタンをクリックします。

 

非常に時間がかかる上、後戻りできませんので気をつけて実行されてください。

 

フォルダのロックを外す

これで消せたらラッキーという感じです。

Backups.backupdb」の「情報を見る」でロックにチェックが入っている場合はチェックを外してからゴミ箱を空にします。

 

ゴミ箱削除ツール「Trash it! 」を利用する

Trash it!というアプリケーションを利用してゴミ箱のファイルを削除します。

この方法も割と安全な部類に入る方法と言えます。

Trash it! はゴミ箱内でなんらかの理由でひっかかってしまって削除されないファイルを削除してくれるツールです。

Trash it!ダウンロードはこちら(登録が必要)

インストールしたら、以下の手順で削除します。

  1. Dockに登録する
  2. ゴミ箱内にある「Backups.backupdb」をTrash it!にドラッグする

 




ターミナルから削除する(注意が必要)

 

ターミナルを起動します。

以下のコマンドでゴミ箱に移動します。「ユーザー名」の部分はご自分のユーザ名を入力してください。

cd /Users/ユーザー名/.Trash/

 

移動さきが「.Trash」となっていることを確認してください。

ここで移動先をあやまると、次のコマンドでMac自体がとんでもないことになります。

 

注意:超強力なコマンドのためじゅうぶんに注意してやってください。

次に次のコマンドをうちこみます。パスワードを聞かれるのでログインの時に使うパスワードを入力しましょう。

sudo rm -rf Backups.backupdb

 

これで消せる場合があります。

 

 

最終手段:OSクリーンインストール

 

おそらくは、Time Machineからの復元で対応できると考えますが、それでもダメな場合はもう起動ディスクをフォーマットしてしまいましょう。

こちらの記事に方法を記載しています。

Macの完全な初期化方法

【保存版】正しいMacの完全初期化方法 Macを売る前にやること

2019-10-10

Appleのサイトが詳しく書いていますのでそちらも参照してください。

macOS をインストールする方法

 

 


 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください