iPhone 小学生の安全なLINE利用とアカウント設定

うちの子、LINEにハマってるようです。

今回は小学生のLINE利用と安全なプライバシー設定についてご紹介します。

 

先日、、

パパ
ねぇねぇ
長女
・・・・(スマホいじいじ)
パパ
ねぇねぇ
長女
・・・・(スマホいじいじ)
パパ

(ノ ̄Д ̄)ノ彡┻┻ 

長女ちゃん!?iPhoneへし折るよ?

長女
・・・・(スマホいじいじ)  すたすたすた、、、(自分の部屋に)

 

・・・・・・orz 

反抗期始まったかな。。

 

どうやらお友達とのLINEにハマってるようです。

それは別に構わないのですが、LINEを使う以上は気をつけたいことがいろいろあります。

大人でも忘れがちなプライバシー設定をみなさんもいっしょに見直しましょう。

 

おさえておきたいLINEのアカウントプライバシー設定

 

子供達が安全にLINEを使えるようにアカウントのプライバシー設定を行います。

これは大人の方のもおすすめのプライバシー設定です。

[設定]→[プライバシー管理]を開きましょう。

ログイン設定

「ログイン許可」をオフにします。

これでPCや他の端末からログインを許可できないようにします。

LINEを使うのはスマホからだけにしましょう。

 

IDによる友達追加を許可しない

オフにすることでIDだけでの友達追加を許可できなくなります

実際の知り合いのみで利用するためにオフにしておきましょう。

お子さんの名前から想像したIDで無差別に友達ついかを投げてくるスパムがあります。

 

メッセージ受信拒否

オンにすると、友達以外からのメッセージ受信を拒否できます。

無差別にメッセージを送っている「悪い人」もいますので注意。

 

パスコードロック設定

こちらは他人にスマホを奪われた際に必要なセキュリティですが、

子供がパスコード自体を忘れてしまった場合はアプリを再インストールする必要があります。

必要に応じて設定しましょう。

 

アプリからの情報アクセス

新たに追加された設定です。

友達担っているアカウントが、外部のアプリにあなたのLINEアカウント情報にアクセスして良いかどうかを許可する設定です。

しらないところで情報にアクセスされる乗って怖いので気になる方は拒否しましょう。

 

情報の提供

 

トークルームの情報をLINEに提供するという許可機能です。

[情報の提供]→[トークルーム情報]をオフ

 

LINEの公式ブログから情報を抜粋します。

LINEとしては、みなさんの利用状況としてのデータを集めて利便性の改善やセキュリティ向上などに役に立てたいとのこと。

LINEでは、不正利用の防止、またサービスのさらなる改善・開発等のため、特定の情報利用に関するご案内、およびプライバシーポリシーの変更を行います。

本件は、皆さまへのより良いサービスの提供を目的としております。

友だち(ユーザー)同士でやり取りしたメッセージや画像・動画などの内容、通話内容などは含みませんのでご安心ください。

迷惑行為やアカウント乗っ取りの対策強化、ユーザーの興味関心にあったコンテンツ配信、各サービスの機能改善や研究開発等において、皆さまの情報を活用し、さらなるサービス向上を目指してまいります。

▼友だちとのトークルーム
・使用したスタンプ、絵文字、エフェクト、フィルターの種類
・トークの相手、日時、既読、データ形式※、取消機能やURLへのアクセスなどの利用状況

引用:LINEブログ サービス向上のための情報利用に関するご案内

 

 

LINEの使い方について

親子でLINEする

使い方に慣れてもらうには一番手っ取り早いのは親子で使うことです。

習い事の行き帰りの連絡やなんでもいいので会話するきっかけにLINEしてみてください。

 

知らない人に友達申請しない、承認しない

学校の友人同士であればまだいいのですが、ネット上で知り合っただけの人とのやりとりは大人であっても怖いものです。

もう少し大人になってからでもいいかもしれません。

 

汚い・怖い・凶暴な言葉を使わない

 

これはLINEでなくとも同じですが、ネット上だとデジタルデータなので発言が半永久的に残ります。

言った言わないが通用しなくなります

他人を傷つけるだけでなく、それを理由に脅されてしまうこともあります。

特に子供同士のLINEのやりとりであれば、個人が特定できる実名での利用になりますから発言者が誰であるかすぐにわかってしまいます。

 

また、少々極端な言い方かもしれませんが、当人たちは冗談のつもりでも第三者から見てその発言が悪質なものであると判断された場合は罪になるかもしれないことを覚えておきましょう。

 

本人や特定の人が映った写真のやりとりを控える

できれば個人が映った写真のやりとりも控えた方がいいでしょう。

写真はどんどん拡散されてしまいます。

 

子供のLINE利用方法まとめ

 

  • 大人がアカウント設定をしっかり把握する
  • SNS利用であることを認識させその危険性を親子で再確認する
  • SNS利用になれるため親子でLINEする

 

 

子供達もスマホ利用についてはこちら>>>

子供にスマホを買い与えるタイミングと親としてできること

2018.12.01

 

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!