AirDropを使ったiPhoneとMacの便利なファイル共有方法




AirDrop を使って簡単にMacとiPhoneとでファイルのやりとりする方法を紹介します。

AirDropとは、

身近にあるほかの macOSやiOSデバイスと、写真、ビデオ、書類などをすばやく共有できる便利機能です。

 

AirDropを利用する前の準備

MacとiPhoneのBluetoothをオンにしておいてください。

MacとiPhoneが近い場所にあること(Bluetooth接続をつかいますので近くに)
どちらも設定アプリや環境設定からオンにできます。

iPhoneからMacへファイルを渡す

僕はiOSアプリ「Phonto」などをつかってアイキャッチ画像を作っています。 

写真/ビデオ, エンターテインメント無料iOSユニバーサル
Screenshots

 

ブログ自体の装飾はMacでやっているので画像ファイルをMacへ渡す必要があります。
どのアプリからでも構いませんが、今回はPhontoアプリから直接Macへファイルを転送します。
Phontoアプリ内の右下の「□↑」マークをタップします。

 

 

AirDropで共有の部分に自分のMacが出てくるのでタップします。

 

すると、Macのダウンロードフォルダに画像が転送されます。

 

iPhoneで画像をいじることが多くなったのでAirDrop非常に重宝しています。

 

MacからiPhoneへファイルを渡す

iPhoneと逆の手順になります。
Mac側でiPhoneに渡したいファイルを右クリックしてメニューを出します。
共有→AirDrop を選択します。

 

AirDrop項目に自分のiPhoneが表示されたらクリックします。

 

 

いたずら注意

AirDropはBluetooth接続できれば誰にでもファイル共有が可能な機能です。
Bluetoothをオンにしたままだと、他人からiPhoneにファイル共有が可能となります。
AirDropでアダルトな画像やリンクを送りつけるといういたずらがあるそうです。
お外ではオフにしておきましょう。
AirDropの設定方法はこちらの記事をチェック!

そのままだと危険!iPhoneのAirDrop設定

iPhoneの正しいAirDrop(エアドロップ)の設定方法と使い方 iOS13 ちかん防止にも

2019-09-03

ファイル共有はDropboxがおすすめ

常にファイルを共有しておきたい場合はDropboxをおすすめします。

Googleアカウントで利用できて、iOSアプリもあるのでMacとiPhoneとで常にデータを同期共有できます。
無料アカウントでも2GBまで利用ができます。

画像や書類であれば十分な容量ですね。

バックアップするならTime Machineに任せるのが簡単

共有ではなくファイルバックアップをやりたいなら断然Time Machineが便利です。

MacをTime Machineでバックアップ

Mac標準「Time Machine」を使ってMacを丸ごとバックアップ

2019-04-04

 

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください