MacBook USキーボード commandキーのみで日本語切替え




今回はMacBookのCommandボタンで簡単に日本語切り替えを行う方法を紹介します。
中古で買ったMacBook AirがUSキーボードだったため通常のJISキーボードとは日本語切り替え方法が異なり困っていました。

そこで簡単に日本語切り替えができる方法をご紹介します。

Mac USキーボードの標準の日本語切り替え方法

まずは標準の切替え方法を紹介

macOSのUSキーボード入力切り替えは、

[control] + [スペース]

にて行います。

JISキーボードに慣れていると、ちょっとめんどくさいショートカットキーですよね。

 

左右のcommandキーのみで切り替える

さてここから本番です。

Karabiner-Elementsというツールを使います。

ダウンロードはこちら>>>「Karabiner-Elements

ダウンロードできたら*.app ファイルを「アプリケーションフォルダ」にぶちこんでください。(コピーしてねの意)

 

実はこのままだと何もできないのでルールの追加を行います。

Complex Modificationsタブを開きます。

僕のはすでに設定入っていますが、commandキーで日本語切り替えするためのナニかを追加するために

左下の「Add rule」ボタンをクリックします。

 

 

上の方にある「Import more rules form the Internet (open a web borwser)」をクリックするとブラウザが開きます。

 

ここが開きます>>>「Karabiner-Elements complex_modifications rules

結構、下の方に行くと、「For Japanese (日本語環境向けの設定)」があるので[import]をクリックします。

 

なんかメッセージが表示されたら、

「Karabiner-Elements.app を開く」をクリックし、Karabiner-Elementsが開いてインポートを開始しましょう。

 

「コマンドキーを単体で押した時にうんたらかんたら」の右側のボタンを「Enable」(有効)にしましょう。

こんな感じになったら作業完了です。

 

念のためにMacBookを再起動しても良いかも!(任意)

 

日本語入力切り替えを動作確認しよう

テキストエディターなどで入力切り替えができているかどうか確認しましょう。

もしくは、左右のcommandキーで右上のキー入力表示が切り替わるかでも確認できます。

 

これで入力切り替えがJISキーボードに近づきましたね。

少しでも切り替えストレスが軽減されることを祈っています( *˙ω˙*)و グッ!

 

外付けキーボードを使う

どうしてもUSキーボードに慣れない方は外付けキーボードを使うのも良いですね。

こちらはiPadに接続している記事ですが、MacBookでも同様に使えますのでぜひ!

Apple Wireless KeyboardをiPad で使おう

Apple Wireless Keyboard(キーボード)をiPad に接続する

2018-10-25

 

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください