iPhoneやMac 標準 メモアプリを使って『後で読みたい』を便利にする

隙間時間でネットやSNSで読みかけたニュースや記事ってありますよね。

TwitterなどでオススメされたWebサイトなど今すぐには読めないってことがあると思います。

その時に、「後で読みたい」思うわけです。

 

後で読もうとすると、忘れてしまって結局リンクがどこにあるのかわからなくなる。。。

そんなときに便利なiPhoneとMacの標準アプリ「メモ」を有効に使う方法を紹介します。

 

 

読みたい記事をiPhone標準の「メモ」アプリに登録

 

メモの内容をiCloudでMac連携させます。

まず、後で読みたいと思った記事があった場合に、iPhoneの□↑ボタンをタップ。

 

 

すると、アクティビティメニューが開くので、「メモ」をタップ

 

 

メモに追加します。

あらかじめ「後で読む」みたいな見出しのメモを作っておくといいでしょう。

マサオカブログ

 

保存すると、

このようにメモにURLが追記されます。

 

 

URLのみの追加ならリーディングリストでも可

というかそっちの方が本来の「後で読む機能」です。

 

 

僕は、画像からリンクからメモからなんでも放り込みたいので「メモ」を使っています。

Macからメモを開くと、カード一覧が見れます。

 

「Pocket」アプリをつかう

「後で読む」を便利にしたアプリ「Pocket」があります。

Pocket
ニュース, 仕事効率化無料iOSユニバーサル
Screenshots

 

早速使って見ました。

いろんなアプリから連携ができるみたいですね。

 

インストール後にログインを求められます。Googleで登録しました。

こういう時に外部サービスって面倒だなと思わなくもないですね。

 

アクティビティをオンにします。

 

 

 

さらに、アクティビティの順番をいれかえることで、

 

 

すぐにPocketを選択できるようになります。

 

 

メモの時と同様に後で読みたい記事を登録して見ます。

「保存しました!」っていうメッセージが表示されます。ユーザに優しいですね。

 

 

Pocketアプリの方を見るとちゃんと保存されていました。

 

これをブラウザ側から見るという感じですかね。

やりかたが、、、、やや面倒

 

 

Pocketのサイトにアクセスするようですね。

 

同じくGoogleでログインしてみると、きちんと登録したURLが連携されていますね。

 

「後で読む」まとめ

 

pocketも便利ですが、標準で使える「メモ」はMac使ってる人は特に新しくログインいらないのでメモアプリの方が便利かなぁと思いました。

 

ログインパスワードなどを忘れちゃいそうな方はこちらの記事を参照。

【iOS12】iPhoneに保存されているパスワードを確認する方法

2017.11.01

 

標準アプリにこだわる必要はないのですが、Macの標準アプリを使いこなしてこその人生だ!!!(貧乏性

 

iPhoneとMacの連携ならAirDropも便利ですよ

AirDropを使ったiPhoneとMacの便利なファイル共有方法

2017.12.24

こちらの記事も読まれています



ABOUTこの記事をかいた人

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!