iPhoneの正しいAirDropの設定方法 iOS12 | ちかん防止にも

iPhoneの便利機能「AirDrop」。設定をデフォルトのままにしていませんか?

もしかしたら近くにいる誰かに名前やお顔がバレているかもしれませんよ。

この記事ではAirDropの正しい設定方法を紹介します。

 

iPhoneのAirDropデフォルト設定の危険性

 

例えば街中でAirDropをひらくと数人はこのようにお名前と一緒に、場合によってはお顔まで表示されることがあります。

これは設定がデフォルトのままで「すべての人」と送受信できるようにしているのが原因です。

知らない人にデータを送信することがなくても、もしかしたら悪意のあるファイルを送りつけてくることがありますので注意が必要です。

 

iPhoneのAirDrop設定方法

画面を下からスワイプしてコントロールセンターを表示させます。

左上のこうもくのところをぎゅーっとタップします。(3Dタップ未対応のiPhoneの場合は長押しで)

 

AirDrop設定方法

 

するとサブメニューが表示されますのでAirDropをタップします。

AirDrop設定

 

「すべての人」以外を選択します。

AirDrop使わないって言う人は、「受信しない」を選択しましょう。

 

AirDrop設定

 

 

これでまったく知らない人とAirDropで送受信することはありません。

便利な機能も時として思わぬ設定になっていることがあります。

ご自分のiPhoneライフにあった設定にしてみてくださいね。

AirDropの便利な使い方はこちらの記事もぜひお読みください。

 

AirDropを悪用した痴漢が急増!

AirDropの設定が甘いとまったく知らない人から変なデータが送られてくることがあります。

それを「AirDrop痴漢」といいます。

 

痴漢の新しい手口!知らない人から卑猥な画像が送られてくる!AirDropを使った手口に気を付けよう。
最近AirDropでの痴漢被害が最近多発しています。具体的には電車の中やバスの中でAirDropを使って卑猥な画像が送られてくるといったものや、卑猥な文字が書かれている画像が送られてくるといった内容のようです。

引用:ライブドアニュース

 

 

 

 

こちらの記事も読まれています



ABOUTこの記事をかいた人

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!