MacのSMCやNVRAMの役割とリセット方法

スポンサードリンク


macOSが調子が悪い時にリセットするSMCやNVRAMの本来の役割を紹介します。

その上で、リセットする前のチェック項目やリセット方法を覚えておきましょう。

MacのSMCやNVRAMの役割

 

SMCやNVRAMの本来の役割を紹介します。

 

SMCは「システム管理コントローラ」といって、センサーなどの機能を管理するのが役目です。

SMCの主な役割
  • 電源ボタンを押した時の反応
  • MacBookのディスプレイを閉じたり開いたりした時の反応
  • バッテリー管理
  • 熱管理
  • SMS(緊急モーションセンサー)
  • 環境光センサー機能
  • キーボードのバックライト
  • ステータスランプ管理
  • バッテリー残量のインジケータランプ
  • 特定のiMacの外部ディスプレイに対するビデオソースの選択

 

NVRAMは各種設定情報を記憶する役割をもっています。

NVRAMの主な役割
  • 音量設定の記憶
  • 画面解像度の記憶
  • 起動ディスクの記憶
  • 時間帯の記憶

 

こんな症状がでたらSMCやNVRAMをリセットしよう

 

先ほどの役割を踏まえて、こんな症状がでたらSMCやNVRAMをリセットしましょう。

リセットで解決できる場合もあります。

 

SMCはハードやセンサー関係

SMCリセット推奨症状
  • 負荷が高くないのに内臓ファンが高速回転
  • キーボードのバックライトが正しく機能しない
  • ステータスインジケータが正しく機能しない
  • ディスプレイ設定に正しく反応しない
  • 電源ボタンを押しても反応しない
  • MacBookのディスプレイを閉じた時、開いた時に正しく反応しない
  • 突如スリープになる
  • USB-CポートでMacBookが充電できない
  • USB-Cポートに接続した外部ディスプレイを認識しない
  • 適切な充電情報を表示しない
  • 負荷がかかっていないのに動作が重たい

 

NVRAMは設定記憶関係

NVRAMリセット推奨症状

Macの起動時に「?」アイコンが表示される

変更した音量など各種設定が再起動すると元に戻ってしまう

いつもと違う起動ディスクからMacが起動する

時計の時刻が別の時間帯になる

 

SMCをリセットする前にやっておくべきこと

 

リセットできる状態にするために以下の項目をチェックしてください。

iMac などSMCリセット前チェック
  • Macがフリーズしてうんともすんとも言わなくなった場合は、電源ボタンを長押ししてもう一度電源ボタンを押して強制再起動してみる。
  • ソフトが応答しない場合は、[command]+[option]+[esc]コマンドで応答しないソフトを強制終了する
  • Macをスリープ状態にして、スリープを解除する
  • Macを再起動する
  • Macをシャットダウンして、電源ボタンを押してMacを起動する
MacBookのSMCリセット前チェック
  • 電源アダプタをコンセントから外して数秒間待ってから元通りに接続する
  • シャットダウンする。
  • バッテリーを取り外せる場合は、一度はずして、再度付け直す。
  • Macをシャットダウンして、電源ボタンを押してMacを起動する

 

SMCリセット手順

 

SMCのリセット手順は、iMacなどのデスクトップ型とMacBookなどのノートブック型とでやり方が違いますのでお持ちのMacに合わせた方法でリセットを行なってください。

 

iMac などSMCリセット手順
  1. Macをシャットダウンする
  2. 電源コードを外して15秒以上まつ
  3. 電源コードをつないで5秒以上まつ
  4. 電源ボタンを押してMacを起動する

 

MacBook などSMCリセット手順
  1. MacBookをシャットダウンする
  2. [shift]+[control]+[option]を押しながら電源ボタンを10秒間押し続ける
  3. キーから手を離す
  4. 電源ボタンを押してMacBookを起動する

注意:MacBookの場合はキーボードの左側の[shift]キーをを使います。

 

NVRAMをリセットする方法

 

NVRAMをリセットする場合は、電源ボタンを押した直後に下記キーを押します。

NVRAMリセット手順

Macをシャットダウンする

電源ボタンを押した直後に[option]+[command]+[P]+[R]の4つのキーを同時に20秒ほど押してから手をはなす。

余談ですが片手でやるとこのようにちょっとつりそうなやり方になります。

 

2回目の起動音がなったら手を離しても大丈夫です。

 

SMCやNVRAMをリセットダメな場合

リセットしてみても改善がみられない場合は、

macOSの上書きインストールかクリーンインストールしましょう。

万が一のために、外付けHDDを臨時起動ディスクとして用意しておくと保険になりますよ。

外付けHDDにmacOS(High Sierra)をインストールする 臨時起動ディスク

2018.03.28

 

こちらの記事も読まれています



ABOUTこの記事をかいた人

satoshi

Macブロガー 幼少の頃からMac中心の生活。 MacやiPhoneなどAple関連を中心に情報発信します。 最近は仮想通貨にもハマってます。 趣味のZOOMERカスタムも載せていきます!